チャイナIT大手「解雇」のことを「卒業」と呼び始め話題に。

中国の大手動画共有プラットフォーム「bilibili」や中国第2位のECプラットフォーム「JD.com」を運営する北京東城が、

「解雇」という言葉を「卒業」という新しい言葉に置き換えて会社のオペレーションを実行していることが中国のネットで話題になっているとのこと。

京東山城の解雇通知書は「卒業のお知らせ」というタイトルで、冒頭文も「卒業おめでとうございます!」となっていたりするようで、

自らが次のステップに行くための退職ではなく、一方的な解雇通知でありながら、あたかも新たな門出を祝うかのような表現になっていたりするみたいで、

チャイナのSNSでは「皮肉すぎる」「不謹慎ではないか」との意見が行き交っているとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。