Webライティングにおける漢字の比率は15〜25%に収めるのが良い。

面白い記事を見つけたのでシェアします。

漢字比率とは、漢字・ひらがな・カタカナを用いた文章全体の漢字が占める割合。文章の読みやすさや印象を決める指標のひとつである。

新聞・雑誌・書籍などの紙媒体の漢字比率は、一般的に30%が適正とされており、3対7が文章の「黄金比率」と言われる。

また、ブログなどのWebライティングにおいては、15〜25%の漢字比率が推奨されることも多い。

読み手の印象は、漢字比率が高いほど文章は硬く、低いほど柔らかくなる。新聞の社説などは漢字比率40%前後の文章が多く、書籍やWebサイトによっては意図的に10%程度まで漢字比率を下げることもある。

 

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。