クレジットカード被害330億円、番号盗用で過去最悪。

日本国内で発行されたクレジットカードの不正利用額が、2021年に330億円に達したことが分かった。日

本クレジット協会の調査によると、統計を取り始めた1997年以降で最悪の数字となったとのこと。

このうち94%の311億円は、他人のカード番号や有効期限などを盗み、本人になりすまして利用する「番号盗用」によるものだったとのこと。

大手カード会社によると、メールやショートメッセージサービスで偽のサイトに誘導され、カード番号を入力して盗まれる「フィッシング」の手口が広がっていることが響いたという。

また、サイバー攻撃で通販サイトからカード情報が流出し、悪用されるケースも目立つとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。