特許出願数、中国が世界1位で約40%を占める。日本は米国に次いで3位

日本経済新聞社系の英字メディア「日経アジア」などの調査によると、6G関連の特許出願件数では中国が40.3%でトップだった。2位は米国で35.2%、3位は日本で9.9%、以下、欧州が8.9%、韓国が4.2%と続いている。

特許出願件数が多い国や地域は、先端技術でリードし、業界標準に大きな発言力を持つ傾向があると記事は指摘している。さらに、中国の特許出願のほとんどはモバイルインフラ技術に関するもので、最新の特許はすべてファーウェイが提出したものであることも紹介されている。

中国国家電網公司や中国航天科技集団(CASC)など、その他の中国国有企業も相当数の6G特許を保有しています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。