殆どの市販の「食塩」にはマイクロプラスチックが含まれてることが判明

廃棄されたプラスチックから生成される微小なプラスチック粒子であるマイクロプラスチックが、海洋生物やそれを食べる人間の健康に危険を及ぼしている模様。

なんと、世界中で販売されている塩に含まれるマイクロプラスチックを調査した結果、90%以上の銘柄にマイクロプラスチックが含まれていることが明らかになったとのこと。

これは、海から採れた塩だけでなく岩塩でも汚染が確認されているということで、被害の大きさが世界中に広がっていることなどが明らかになりました。

韓国・仁川大学のキム・スンキュ教授とGreenpeace East Asiaの共同研究グループが、オーストラリア、ベラルーシ、ブラジル、ブルガリア、中国、クロアチア、フランス、ドイツ、ルーマニア、インド、インドネシア、イタリア、韓国、パキスタン、フィリピン、セネガル、台湾、タイ、英国、米国、ベトナムの国で販売されている39種類の食塩について、マイクロプラスチックが含まれているかどうかを調査したとのこと。

調査の結果、サンプル製品からマイクロプラスチックが検出されたなかったのは台湾の海水由来の食塩、中国の岩塩由来の食塩、フランスの天日干しによる精製なしの海水由来の塩のたった3種類のみで、90%以上のブランドの食塩にマイクロプラスチックが含まれているという驚きの結果になりました。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。