KDDI、日本で初めて量子コンピューティング技術により通信品質を向上。

KDDIは、2022年1月から2月にかけて、国内で初めて量子コンピュータ技術を活用し、基地局の通信品質を向上させたことを発表、東京都と神奈川県にある約1,000の基地局の設定を最適化し、ユーザーの通信速度をさらに向上させたとのこと。

今回の取り組みでは、量子コンピューティング技術と同社の特許技術を活用し、多数の基地局をまとめて自動的に最適化する手法を確立した。

もともと基地局には、複数の基地局間で影響を考慮しなければならない設定があり、その設定を最適化することで通信品質を向上させることができると考えられていたのですが、多くの基地局を対象とした場合、従来の汎用コンピュータを用いた総当り計算では設定パターン数が膨大となり、最適化を完了させることが困難だった模様、

そこで、富士通が開発した量子力学を応用した技術「デジタルアニーラ」を用いて、多数の基地局を一度に最適化する方法を確立、これにより、約1,000局の基地局の最適化を約60分で計算することが可能となり、従来よりも高い精度で品質改善を行うことができるようになった。

KDDIは、2022年度以降、東京、名古屋、大阪の都市部を中心に、量子コンピュータ技術を活用した4G/5G通信の品質改善を進めていく予定とのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。