日刊ハイテク情報誌の マガジンOFFです! 毎日IT系のニュースを 配信しています!

Firebase + React で学ぶUdemy動画教材おすすめ 【初心者向け】

 

[st-kaiwa2]

Firebase や Reactを効率的に学べる動画教材を知りたい!

[/st-kaiwa2]

 

このような方におすすめのUdemy動画教材をご紹介します。

 

Udemyとは?

 

Udemyとは、2010年に開始された、eラーニングのプラットフォームを提供するサービスである。

受講者数:約3000万人 講師数:約42000人 講座数:約10万

講義の内容は分野もレベルも様々であり幅広い。個人講師の中にも、Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグや、元ゼネラル・エレクトリック経営者であり「20世紀最高の経営者」とも称されるジャック・ウェルチのような、世界トップクラスの評価と実績を持つ経営者などが含まれている。

 

 

Udemyは、世界最大級の一流の動画講座を販売してるウェブのプラットフォームでして、

 

教材の質がとてもよく勉強になります。

 

特に、プログラミング系の教材には、著名なプログラマーなど参画されておりまして、信頼度も抜群です。

 

そして、この記事では、特に僕がこのコースいいなと思った教材をピックアップし、要点を絞ってご紹介します!

 

気になった方は本家のサイトで色々みてみてください。

 

Firebase + React Hooks(TypeScript)によるWebアプリ開発

 

学べること

  • FirebaseとReact Hooks連携
  • TypeScriptによるReact 開発
  • FirebaseのCloud storage / Cloud firestore / Authorization / Hosting
  • Material UI

概要

 

本コースは、無料コース”最速で学ぶFirebase + React Hooks (TypeScript)”の続編になります。無料コースでは扱いきれなかったテクニックをTwitter クローンを作成しながら学んでいきます。TypeScript、React Hooks、Redux ToolKit、Firebaseを使ってWebアプリをハンズオンで作成していきます。

 

トピック

 

-Email + Password 認証

-Password リセット機能 (リセット用Email配信)

-ユーザープロフィール登録

-Google認証

-ログイン情報のRedux ToolKitによるグローバル状態管理

-Cloud firestoreによるデータベース(投稿データとコメントデータ)

-Cloud storageによる画像保存 (Tweet画像とAvatar画像)

-Hostingによるディプロイ

 

 

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]ユーザーの声[/st-minihukidashi]

 

落ち着いた声で聞き取りしやすいです。1つ1つ丁寧に教えてくれるので、ソースの意味が良くわかります。

 

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3RRW+34IZNM+3L4M+5YZ77″ title=”世界最大級のオンライン学習プラットフォーム Udemy.com” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

 

【はむ式】Firebase未経験者のためのReactで作るチャットアプリ開発入門!最速最短でゴール到達!

 

アウトプット重視の本格的ハンズオン!元シリコンバレーの現役ウェブ系エンジニアが脱React入門者のためにコーディングプロセスを丁寧に解説!Firebase未経験者の方は必見のコースです!いざ始めたら止まらない、あっという間の8時間コース!

 

学べること

 

  • チャットアプリの作り方
  • FirebaseのRealtime Databaseの使い方の一例
  • アプリケーション開発においてあったら助かるコマンドの作成方法
  • フロントエンドアプリケーション開発のプロセス
  • ReactやMaterial-UIを用いたアプリケーションの開発方法
  • UI上の見た目(例:グリッドレイアウト)の細かい効果(例:フォーカス、スクロール)をどう実現するか

 

概要

 

本コースはタイトルの通り、Firebase未経験者のためのReactのアプリケーションを開発できるコースとなっています。僕のコースではハンズオン形式でコーディングの流れを体験することができます。

 

コース購入をご検討されている方へ

 

冒頭のセクション『本コースで作成するアプリケーションを動かしてみよう!!』を無料公開しています。このセクションでは本コースで作成するアプリケーションを実際にご自身で動かし、本コースで達成するゴールを確認して頂くことができます。また、GitHubでソースコードを無料公開していますので、是非手にとって見て遊んでみてください。そして、もしこのアプリケーションの作り方に興味を持って頂けたら、続きのセクションとなる『Reactアプリケーションを開発しよう!!』をご受講頂ければより一層ご満足頂けると思っています。

[st-minihukidashi fontawesome=”” fontsize=”” fontweight=”” bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0″ radius=”” add_boxstyle=””]ユーザーの声[/st-minihukidashi]

デフォルトのトーク速度をゆっくりにしてくれているので、適宜こちらで調整出来てよい。

Vueの経験があるのであれば、比較しながらサクサク学べる。

jsの基本理解があれば、こう書けば、こう動くという部分まで学べると思う。

firebaseについても、とても分かりやすかった。

useStateや、useEffectのソースコード読みながら、詳細に挙動を解説してくれるおまけなどあると

より嬉しかった。

[st-mybutton url=”https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3RRW+34IZNM+3L4M+5YZ77″ title=”世界最大級のオンライン学習プラットフォーム Udemy.com” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

JavaScriptReactReduxTypeScript動画教材

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。