ロシアでの新車販売が60%減「ウクライナ侵攻後」

ロシアは、ウクライナ戦争に突入後、欧米の制裁、外国企業の撤退により経済的な大打撃を受け、3月のロシアでの自動車販売台数は3分の2近くまで落ち込んでいるとのこと。

欧州ビジネス協会(AEB)が6日に発表したデータによると、ロシアでの3月の新車販売は乗用車と小型商用車を合わせて 5万5000台のみで、前年同月比63%減となったとのこと。

欧州、米国、アジアの全ブランドが損失を被ったが、最も大きな打撃を受けたのはドイツのフォルクスワーゲン(VW)で、販売台数は74%減となったとのこと。

トヨタの高級車ブランド「レクサス」も大きな打撃を受け、全メーカーの中で最大の91%減となったとのこと。トヨタやVWといった企業は先月、ロシア向けの生産と輸出を停止すると発表していた。

ロシアの自動車市場分析サイト「オートスタット」によると、通貨ルーブルの下落を受け、3月の新車平均価格は35〜45%上昇、

多くのロシア人の間では、今後、新車への出費の優先順位が下がることが予想されており、ロイター通信によると、ロシアの年間インフレ率は侵攻開始以来、16%近く上昇している。

砂糖やトマトなどの必需品も高騰し、パニック買いでスーパーが品薄になったとの報道もあるとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。