人間の血液中からマイクロプラスチックが発見される。

直径5mm以下のプラスチック廃棄物を指すマイクロプラスチックは、海洋を汚染するとして以前から問題視されており、

人間がマイクロプラスチックを食べた生物を食べることで、人体に取り込まれることが懸念されています。

マイクロプラスチックは、すでに人の糞便から検出されており、今回初めて人の血液からも検出されたとのこと。

Environment International誌に掲載された研究によると、科学者が22人の健康な成人の血液サンプルを分析したところ、そのうち17人からマイクロプラスチックが検出されたとのことです。

このうち半数はペットボトルに使われるポリエチレンテレフタレート(PET)、3分の1はプラスチック模型に使われるポリスチレン、4分の1は食品包装に使われるポリエチレンを含んでいたとのこと。

研究を率いたアムステルダム大学のDick Vethaak氏によると、今回検出されたマイクロプラスチックは、0.0007mmより大きく、注射器の針の内径である0.514mmより小さいとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。