入札戦略「目標コンバージョン単価」導入直後は「何も設定変更せずに、ただただ待つ」しかない。

基本的には「何も設定変更せずに、ただただ待つ(笑)」となります。入札戦略「目標コンバージョン単価」導入直後は「機械学習の学習期間」となり、広告配信をしながら精度を高めていくこととなります。この学習期間中に大きな設定変更を行うと学習期間はやり直し(再学習)となり、何度も大きな変更を数日おきに行うと「永遠に学習期間が終わらない」という状況になりかねません。当然、こうなると成果はいつになっても安定しません。ですので、基本は「待つだけ」となります。とは言え、あまりに無駄な広告表示があるようであれば、除外キーワードや除外プレースメント程度だけ行います。「基本は待つだけ。どうしてもという場合は、除外関連の設定だけ加える。」という形です。

 

なるほど・・・

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Webマーケティング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。