フリーランスエンジニア ホーム

【否めない】フリーランスエンジニアのデメリットを懇切丁寧に解説します【現役フリーランスエンジニアが語る】

皆さんこんにちわ、フリーランスエンジニアの藤沢です。以前、私は【圧倒的】フリーランスエンジニアのメリットを懇切丁寧に解説します【現役フリーランスエンジニアが語る】という記事を書いたのですが、こちらの記事の内容は、私自身が好き好んでフリーランスエンジニアとして活動をしているということもあり、若干ポジショントークになってしまってる可能性があると思いました。

なので、今回の記事では、公平性を保つために、もう一度、今度は客観的な視点から、フリーランスエンジニアとして生きるデメリットについて書いてみたいと思います。まあ、私の個人的な価値観としては、もちろん多くの人々がフリーランスエンジニアとして活動することは、多大なメリットがあると思うのですが、他方、それが誰にでも当てはまるかと言われれば、そうではないと理解しています。

なので、これから私が語っていく項目を読んでみて、是非とも自分の価値観と照らし合わせてみて欲しいです、『自分はフリーランスに適した人材なのか?』それとも『自分は組織のなかでキャリアアップしていくのが得意な人材なのか?』合う合わないは絶対にあると思います。

フリーランスエンジニアになると新しい技術や言語の勉強を永遠に続けていかないといけない

まず、これはフリーランスエンジニアに限った話しではないのですが、基本的に、ソフトウェアのエンジニアという職業は、毎日毎日が勉強の連続です。どれほどキャリアを積んだベテランだろうが、どれほど頭の良い秀才だろうが、プロジェクトに寄っては作業で詰まることも多々あると思いますし、それこそ、自分が今まで携わってきた技術や環境と少しでも違ければ、また最初から業務遂行に必要な知見を勉強をして覚えていかないといけないです。

もちろん、フリーランサーは会社で雇用が保障されてないわけですし、移りゆく時の流れはかなり早いので、新しい案件を探すとき、今の自分が現在習得してる技術のみを狙って永遠に高単価の仕事を取れるわけもないわけです。金になりそうな案件、仕事、技術は、我先にと学び始めるバイタリティと好奇心が必要です。要は、端的に言って仕事が好きじゃないとやっていけないよってことです。

ちなみに、私の個人的な感覚だと、最低でも一年の間に一つは、これから数年後に流行りそうな技術に自分のリソースを割いて技術の勉強を頑張っていく必要があると思います。

フリーランスエンジニアは時代が変わっても仕事が途切れないようにビジネススキルを磨かなければいけない

何度もクドイようですが、フリーランスエンジニアになると、生活の保証が全くありません。だからこそ、今現在、仕事があるからって全くダラけてはいけません。常に向上心を持ち、危機感を持ち、今の仕事が続いてる時でも、仕事がなくなった後のことを必死に気にしなくてはなりません。契約期間が終了後の未来に、備える必要があります。

例えば、今は、幸いにもフリーランスエージェント業界が超盛り上がってるので、ビジネススキルがなくてもソフトウェアエンジニアが仕事がなくなるみたいなことは考えにくいんですが、

でも、そんなものにいつまでも頼ってるのは論外だと思います。普段の技術のキャッチアップ以外にも、仕事が終わったら沢山の人に会って、営業し、コネを作り、情報発信を欠かさず、自主サービスを開発し、自分のビジネスをしっかり自分で売れる販路を作るような、高いビジネススキルをいつかは獲得するべき。

フリーランスエンジニアになると、常に新しい環境に馴染むことに慣れなければいけない

もしあなたがフリーランスエンジニアとしてキャリアを進めていくとなれば、あなたは多くの人と頻繁に会って、コミュニケーションをもち、様々な新しい環境に飛び込んでいくことになると思います。今現在の世の中のフリーランスエンジニアの中には、エージェント経由で一個の現場に入り、そのまま数年以上もフルタイムでそこに留まり続けて社員と別に変わらねえじゃんみたいな人がいますが、それは僕は超おすすめしません。

そんな状態は何かがおかしいですし、あるべきフリーランスエンジニアの形じゃないですし、私が考えるフリーランスエンジニアのあるべき姿とは、フルタイムで入るにしても、最低六ヶ月、最長でも一年以上は入らず、それ以降は、より自分の自由を拡張できる契約体制に変えるか、次の現場を渡り歩くエンジニアです。

だから、たくさんの人々と仕事の関係の上で交流をもち、副業でもなんでも新しい仕事の環境へチャレンジしていくことに、慣れてないといけないですし、一々新しい現場へ行くことに緊張なんてしてたらダメです。もっと言えば、強いメンタルを持って、どのような人々からのリジェクト(拒否)にも動じない心を持つことが必要だと思います。契約切られても動じない、案件取れなくても動じない、面談落とされても動じない、クラウドソーシング受注できなくても動じない。そういうメンタルが必要です。

まとめ

以上、これまで自分が色々独断と偏見で語ってきましたが、みなさま、私が言わんとすることが無事届きましたでしょうか。『フリーランスエンジニアのデメリット』の大きなポイントは、以下の三つに集約されます。以下の三つの項目に、違和感や苦痛を感じなければ、あなたは素晴らしい個人事業主になれると思いますし、お金も稼げると思います。

1、仕事と技術が好きじゃないと続かない
2、技術だけじゃなくてビジネススキルも超必要
3、新しい環境や人々に臆せず飛び込む勇気が必要

でも、これらのポイントに不快感や面倒臭さ、苦手意識を持った方は、もしかしたらフリーランサーとして月月自己実現を目指すよりも、大企業のような安定した組織で、スキルを磨き、認められ、自由で融通の効く立場を手に入れた方が安全でリスクもないかもしれません、まあ、人それぞれですよね。

ありがとうございましたああああm(_ _)m

-フリーランスエンジニア, ホーム
-, ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.