フリーランスエンジニア

【エンジニアが選んだ】案件獲得サイトおすすめ4選!活用シーンも重ねて紹介

皆さんこんにちわ。

日本 ✖︎ カナダでエンジニア経験がある僕が、活用シーンも兼ねて、フリーランスのための案件獲得サイト4選をご紹介しようと思います!

案件を探す前にサイトの性格を知る

IT関連(プログラミング)の案件を漁る前に押さえておくべきことがあります。それは「サイトの性格」と「案件獲得のためのコツ」を知ることです。説明していきますね!

サイトの性格

サイトの性格とは、『どんな会社』が『どんな雇用形態』で人材を求めているのかざっくり把握することです。

例えばGreenっていうIT系に特化したサイトでは、個人的には、正社員として雇用をしたいと思っている会社が多く、一度、仕事がスタートすれば、良心的な待遇をいただける良い会社が多いというイメージを僕は得ました。

一方、Wantedlyという就職SNSでは、スタートアップやインターンなど、あまり高給を狙いずらい会社は多いものの、リモートワークや時短など、柔軟に好きな仕事を選びやすいイメージがありました。

***ちなみに、正社員募集って書いてあってもガンガン『フリーで仕事を受けたいです!』って相談しましょう

案件獲得のためのコツ

フリーランサーとして案件を獲得するためには『経験』が必要ですし、その経験を証明する『ポートフォリオ』が必要です。

もっと言えば、『面談力(営業力)』も必要です。しっかりスキルシートと、ポートフォリオを用意して臨むようにしましょう。

フリーランサーのための案件獲得サイトおすすめ10選

green

greenは、正社員としての求人を多く出しているイメージがありますが、それは、あまり気にしなくていいです。

でも、ここに出ている会社の多くは、資金力があり、良い職場環境で、面倒見良い会社が多い印象を受けます。

まあ、greenって掲載するのに100万くらいかかるって聞いてるので、資金難に陥っているような危ない企業は少な目。

Wantedly

求人snsですね。サイト内で書けるblogは一時期SEOが強いらしいっていって、みんなWantedlyに記事書いてた気がするけど、最近はnoteに押されがち。ちなみに、創業者が従業員に株差し出さなすぎで有名。

スタートアップやベンチャーが多い印象です。求人を出すのに結構な格安な金額で出せるので、お金が全然ない、ほぼ個人事業主みたいなクライアントが求人募集してたりするので若干気をつけたほうが良さげ。

ただ、リモートや時短など、柔軟な働き口が探しやすい。僕も一時期ここでテスト書くだけの要員として案件取ってたことあります。

自転車創業っていう会社でしたが、とても働きやすかった。僕が自分のプロダクトにリソース注ぐようになって案件は止まったけど、とてもおすすめです。

クラウドワークス

元祖?!日本のクラウドソーシングサービスですね。確かな技術があって、あんまり人付き合いが好きじゃなくて、本当に仕事だけして納品したい人向け。

おすすめとか書いてるけど、オススメ度は結構低め。僕はあまりいい経験をこちらのサイトでさせてもらえたことはないですかねー。

ベトナムとか、中国と、そういう国の優秀なエンジニア(オフシュア会社)も進出してきちゃってるので、そっちの方が単価も安いしクオリティも悪くないし、そっちでいいやってなりそう。

Lancers Agent

ランサーズは皆さんもご存知の通り、クラウドワークスと同じですね。しかし、Lancers Agentはエージェントサイトなので、ちゃんと案件獲得までサポートしてくれます。

ちゃんと経験と、スキルシートと、ポートフォリオがあれば、狙った単価で面談までいきやすい(あんまり努力不要)Lancers Agentさんの営業さんが頑張ってくれます。

個人的に思うんですけど、エージェント使うのって、普通にフリーでやってくのには一番安易だが楽で確実な方法なのでは?!と思います。

僕は一番よく使うのはエージェントさんかもしれません。Lancers Agentさん以外にも色々あるんですけど。また別のブログで書こうかな...

まとめ

一旦以上になります!また思いついたら追記していきますね。

『スキルシート』ちゃんと作って『ポートフォリオ』もしっかり作って面談力を勉強した後、自分の臨むような案件がありそうなサイトをチェックし、あとはガンガン作業するのみ!^^

最後まで読んでくれてありがとうございます〜

関連記事

-フリーランスエンジニア
-, , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.