フリーランスエンジニア プログラミング・IT ホーム 技術ログ

フリーランスエンジニアは【辛い】【不安定】と思ってませんか?【現役フリーランスエンジニアが実態を語る】

皆さんこんにちわ、フリーランスエンジニアのりょすけ@Reactです

 

僕は先ほどこのようなツイートをしました

 

 

多くの人は、フリーランスエンジニアに挑戦したい気持ちはあるけど、

 

『辛い』とか『不安定』とか、

 

そういう不安から挑戦できない人が多いようです

 

でも僕はそれ、勿体無いと思うんです

 

理由は、『フリーランスは辛くないし、安定してるし、給料も高い』からです

 

毎日夜の9時まで働いて、月収手取り25万円、悔しくないですか?

僕は、プログラマーとして活動を始めた頃は

 

時給1000円で働いていました

 

勿論最初の頃は勉強のためと時給が安くても一生懸命働いてたのですが

 

段々と普通に仕事も覚えてくる中で

 

『どうして俺、こんな安い給料で長時間働いてるんだ?』と思うようになりました

 

どうやら、ITエンジニアという職業は全世界的にみても早死にしやすい職業のそうです

 

考えるに、かつての僕のような『長時間労働、運動不足、不摂生』を繰り返しながら歳をとると、

 

体にいろんな問題が起こってくるのだと思います

 

僕は悔しくて悔しくて、変わることを決意しました

 

フリーランスエンジニアに挑戦し、残業ゼロで、手取り70万

僕は今、フリーランスエンジニアとして毎日暮らしています

 

主に、Reactという技術で仕事をしています、フロントエンドエンジニアです。

 

毎月、この案件からは月収手取り70万円をもらっています。

 

僕は、別に毎日猛烈に働いてるわけじゃないです

 

残業も全くしないし、土日は絶対に働きません

 

『僕は、別に超絶に優秀なReactエンジニアじゃないので、PRで沢山指摘されたり、詰まったりすることもよくあります』

 

でも、僕は特に消耗することもなく、マイペースで仕事をできています。

 

それは何故か?

 

別にクビになっても速攻新しい仕事が得られると知っているからです

食いっぱぐれるエンジニアっていうのは

 

『古い技術しか書けない』っていう明確な理由があります

 

Reactは、フロントエンドの最新技術で、Facebookが莫大な投資をして育ててる技術なので、今超ホットな技術です

 

そういうホットで新しい技術には、資金調達したベンチャーや、お金を持った上場企業が選択するので、エンジニアの単価が上がります

 

だから、最新技術をしっかり勉強してれば、仕事がなくなるはずないんですね。

 

僕は、それを知ってるので、今別に怒られてても無駄に働いて消耗する必要がないんですね

 

また、今のITエンジニア市場は『フリーランスエージェント』の人々の参入が市場に受け入れられ、

 

めちゃくちゃ広がっています。

 

彼らは営業のプロフェッショナルですので、僕たちが努力をしなくても、ガンガン仕事を紹介してくれます

 

最終的に『営業』『セールス』『マーケティング』『広告』を自分で学んで実践できるようになるまで、

 

エージェントさんと協力して、高単価の案件を紹介してもらえば良いんです

 

それが、賢いやり方です。

残業なんかせずに他の勉強をした方が明らかに得

 

上記のような理由から、僕は、『別に今の案件がクビになっても楽勝で次の案件が手に入る理由』を知ってるので、

 

齷齪と心のゆとりなく目先の業務に追われることを選択しないわけですが

 

もう一つ、絶対にクライアントワークに没頭しない理由としては

 

残業なんかせずに他の勉強をする時間を作りたいから。

 

ということがあります

 

前に話したように、食いっぱぐれるエンジニアっていうのは『古い技術しか書けない』エンジニアです

 

だから、フリーランスエンジニアとして成長していきたければ

 

新しい技術を学ぶ時間を作る方が、今の現場に身も心も奉仕するより圧倒的にコスパが良いんです

 

それに、フリーランサーになれば、最終的には『営業』『セールス』『マーケティング』『広告』これからの知見にも絶対に精通しないといけないと僕は思っています

 

それに、向上心を持っていれば、最終的に法人化して、チームで物事を進めるんだ!と心に強く想っているべきでして、

 

プログラミングなんかよりか学ぶべきことが無限になるんです。だから、一々現場の業務に追われてたらマジで意味がないっていうか。

 

というか、フリーランスエンジニアになるメリットはそこでして、高単価の仕事をマイペースで回しつつ、

 

自分の勉強をできるので、キャリア、スキル、収入が右肩上がりで上がっていくんです

 

ここを理解せずにフリーランスエンジニアになる人は失敗します。

 

結論、フリーランスエンジニアは成長するには最高のキャリア

以上、ここら辺でこの記事をまとめていきたいと思うのですが

 

ぶっちゃけ、フリーランサーとして金を稼げる人って

 

『良い』『加減』を持てる人で『適』『当』な人です。

 

確かに、自分の現場の仕事に熱中できる人は社内で重宝されるんでしょうが

 

それ、リスク超高いです。

 

現場の単価が高いなんて全然嬉しいことじゃなくて

 

指数関数的に自分のキャリア、年収、スキルが上がっていくからフリーランスエンジニアは美味しいのです

 

僕は、そのようにして、マインド面から徹底的にフリーランスエンジニアを実践してきています

 

その結果、Reactっていう新しい技術に2020年は入ることもできたし、ブログも多くの人に読んでもらえるようになったし、

 

広告やマーケティングでも仕事がもらえるようになっています、

 

更に、マネジメントを学び、チームで仕事を進められるようにも少しずつなっています。

 

フリーランスエンジニアとして『良い』『加減』で社会人生活を送ることは、最高の投資になります。

 

それを、フリーランスは辛く不安定と思っている方へ知って欲しいと思っています

 

以上、ありがとうございました〜٩( 'ω' )و

Pocket
LinkedIn にシェア

-フリーランスエンジニア, プログラミング・IT, ホーム, 技術ログ
-, , , , , , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.