【フリーランス】メンタルが病んだ時の対策【メンタル強い人・弱い人】

はじめに

フリーランスという職業は、側から見てると夢のある働き方に見える一方で、

 

正社員とは違い全く安定していないので、新しい知見を絶えず学び続けたり、

 

自ら仕事を取り続けたり、リピーターを獲得し続ける必要があります。

 

正社員と比べると、向上心がない人にとっては、フリーランスという働き方は、時として非常にストレスフルです。

 

誰しもが、ストレスを受け続けたり過労になったりすると、メンタルのバランスが崩れ、

 

不安障害やパニック障害を引き起こしたりします。

 

今回の記事では、そんな悩めるフリーランスの方々のために、フリーランスがメンタルを病んだときは、どうすればいいか。

 

また、メンタルが強いフリーランスはどんな人か、メンタルが弱いフリーランスはどんな人かなど、詳しく解説をしていきます。

 

フリーランスがメンタルを病んだときの解決策

心療内科で薬をもらう

たった今、既に「苦痛の極み」みたいな状態になってしまってる人は、まずは兎に角お医者さんにかかってください。

 

過労でぶっ倒れるまで働きまくってると、どれだけ仕事がうまくいっててもメンタルを悪くして立ち直れなくなりかねません。

 

抗不安薬や睡眠薬をもらって、リラックして落ち着けるような体制を整えましょう。それだけで随分と楽になります。

 

よく、ネットで睡眠薬とか抗不安薬を使うと依存体質になったりするって言われますが、

 

適切にお医者さんのいう通りに使ってれば問題ありませんので。

 

悩みの原因を明確に特定する

フリーランスをしていると、様々なストレスが同時に降りかかってきて、

 

いつの間にか一体何が原因で怖い、不安、辛い、のか分からなくなります。

 

精神的な悩みというのは、たった一言、本当に悩んでいる言葉を見つけるだけで解決に向かったりします。

 

まずは現場の整理から頑張って初めてみてください。

 

思いっきり休む(眠る)

睡眠は、何よりも大事です。寝れないという人は、まずはなぜ寝れないのか考えてみてください。

 

寝れないときは、交感神経が優位になっているから寝れないわけなので、副交感神経を優位にしてあげれば必ず眠れます。

 

寝る前に仕事しない、寝る前にスマホ見ない、寝る前に興奮しない、こういうことを心がけてください。

 

寝る2時間前くらいに暖かい風呂に入って、体を温めてリラックスの状態を作りましょう。

 

明日に仕事を溜め込むのもダメです。仕事は休みましょう。

 

身体を動かしてみる

朝起きたら、太陽の光を浴びて、お散歩でもしてみてください。

家族や友人に話を聞いてもらう

悩んでいることがあったら、家族や恋人の助けを借りましょう。

 

もう素直に「辛いんだ」「死にそうになったらそっちに行く」と助けを求めましょう。

 

頼りましょう。そういう人がいなければ、作りましょう。

 

メンタルが乱れてきた時の初期症状

身体的に不調が現れる

頭痛、動悸、手足の痺れ、腹痛など・・・etc 体に異常がないのに身体的な不調が現れることがあります。

 

それは、体からの安めというサインです。これを放置してしまうと、体だけじゃなくメンタルもより病んでしまいます。

 

精神的に不調が現れる

寝れない、食欲がない、やる気が出ない、不安感がある・・・など、

 

精神的に不調が出てくると不味いラインだと思います。

 

まずはしっかりと眠って休みましょう。

 

「メンタルが強い人」の特徴

我慢するのが上手

基本的に、時間の長さに絶えうるストレスは存在しないと私は思っています。

 

世の中の殆どの悩みは、時間が経てば勝手に消えていきます。

 

例えば失恋の悩みとか、仕事の失敗の記憶とか、いつの間にか消えて無くなってることが殆どですよね。

 

ストレスに強い人は、悩みはいつか勝手に消えて無くなるということをよく知っています。

 

ですから、悩みが芽生えたら敢えて何もせずに放置、敢えて思い悩まないという方向でやり過ごしてる人が多いです。

 

自分の意見を言える、溜め込まない

メンタルが強い人は、いちいち小さな不満を溜め込まず、

 

きちんと声に出してしっかりと主張する人が多いですね。

 

自分の意見をズバズバ言えるわけですから、ストレスはたまりにくいです。

 

メンタルが弱い人の特徴

真面目すぎる

フリーランスの人でメンタルが弱い人というのは、色々と真面目すぎる所があります。

 

変に完璧主義というか、指示されたことを完璧にやろうとするあまりキャパオーバーになったり、

 

クライアントから強く指摘された時に考え込んでしまったりします。

 

自信がない

自分がこれまでやってきたキャリアや、自分が今やっている仕事に自信が持てないと、どうしてもメンタルが落ちがちになります。

 

人は、「明日は今日より良くなる」という希望を持てると、より多くの幸せを感じることが出来ます。

 

今やっている自分の仕事は、自分をより成長させ自分を豊かにしてくれるんだと、自信を持って時間を過ごしましょう。

夢や目標がない

フリーランスというのは、何でもかんでも全て自分の意思決定で働くことが出来ます。

 

将来のキャリアパスも自分で作っていくものです。

 

だからこそ、明確な向上心を持って夢や目標を持つべきです。

 

「メンタルが強い人」になるには

規則正しい生活リズム

規則正しい生活リズムを持つことで、ちょっとやそっとのストレスでは、へこたれなくなります。

 

毎日同じ時間に起きて、朝日を浴びて体を動かして、元気に仕事をして、働きすぎずに同じ時間に寝る。

 

魚や納豆、肉や野菜をしっかり食べてエネルギーを入れる。

 

筋トレをして暖かいお風呂に浸かって、映画でも見てリラックスする。

 

心身ともに健康な毎日を作りましょう。

兎に角、気にしない

問題が発生しても、別に大丈夫だろうと気にしないのがオススメです。

 

人の性格によっては難しい場合もあるとは思いますが、なるべく気にしない努力をすると良いです。

参考にした記事

メンタルが強い人の特徴は何ですか?

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

フリーランサー仕事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です