【体験談】レバテックで(神)案件を得たので徹底口コミ【ステマじゃない】【現役フリーランスエンジニアが語る】

皆さんこんにちわ!

最近、自分の中で山下達郎がメッチャ好き。Hujisawaです。

本日は、数週間前のツイートをした投稿、

こちらに関して、深掘りしていこうと思います。

では、よろしくお願いします〜( ̄▽ ̄)

スポンサードリンク

実はレバテックさんを利用させてもらったのは初めてでした、大正解、超最高

私、こう見えても19才からフリーランス的な働き方をしてまして、これまで多くのエージェントさんを活用させてもらってきたのですが、実はレバテックさんを活用させてもらったことはなかったんですね。

なんでだろうって聞かれても上手く答えられないんですが、レバテックさんって業界トップなイメージが随分前からあるもんで、私は捻くれた性格なので、流行には乗らねえ!って感じでなんとなく避けてました笑

2020年になり、自分で開発&運営を試みたCtoC向けサービスの失敗や、投資や無駄遣いによる支払いが、かなり辛くなってきた頃、そろそろ現場に入らないと生活すら辛くなってしまうわ〜と思い

ほいで、高速で仕事を獲得しなければいけなくなったので、この際だからレバテックさんを活用してみますか〜って思ったわけです。

スポンサードリンク

React未経験なのに月額の報酬が70万円の上場企業での仕事が決まった。しかも、爆速。

レバテックさんに登録させてもらって、いくつか簡単な面談を電話でさせてもらってから二日くらいでしょうか。レバテックさんから早速メールと電話がきました。レバテックさん曰く『本日の16時にOO社様との面談が確定できますでしょうか』とのことでした。

私としましては、願ったり叶ったりだったので(まあ、職場が新宿っていうのが、ちょっと遠いよな〜とか思いつつ)『是非面談行きます!!!』って答えて、早速準備して新宿へ向かったわけです。

遅刻。。。!

新宿って、迷路みたいでよくわかんないわけです。しかも、面談前の3.5時間前に面談確定したので、急いでもギリギリ遅刻してしまいました。『ああ、終わってんな〜』と思いつつ、なんとかオフィスに辿り着き、面談が開始します。

(面談の内容に関しては深くは語りません。詳しく知りたければこちらをどうぞ => フリーランス『面談』の正しいやり方を現役エンジニアが語る)

面談では、これまでの自分のキャリアとかを小慣れた勢いで説明させてもらってたんですけど、面談の途中でとある事実を知ることになったんです。『今、うちで募集してるのはフロントエンドのエンジニアさんでして、メインはReactとTypescriptの案件の稼働になると思います。』

『あああ〜終わってんな〜〜〜』って思いました。

なんで僕面談前に募集要件聞かなかったんだろう〜?(聞いたのか?)まあ、どっちにしろ自分はこれまであくまで4年ほど はrubyを書いてきたから、スキルシートにもほぼrailsしか書いてませんし、ウェブのフロントエンドの開発の経験は皆無!

はて、なぜ自分が採用されるのでしょうか??。私はどれほど金欠でも一ヶ月の単価70万以下を譲るつもりはなかったですし、しかも今回は遅刻したし『やっぱこれはまあ終わってる〜』と思い地元へ退散してきました。

んで、結果、まさかの採用!!!

されました(笑)

スポンサードリンク

フロントエンドはめちゃくちゃいい。幸運は自分が想像もしてなかった方向からやってくる。

んで、実際に参画してみて思ったんですけど、フロントエンド、超好きかも!ってことですね。(デバッグやりやすくて楽しい〜〜〜)

バックエンドのことを考えると、サードパーティ製のライブラリを多用したり(特にrails)、ネットワーク周りも考えなきゃいけないし、DB周りも考えなきゃいけないし、インフラ周りも考えなきゃいけないし、難しい!!デバッグしにくい!!んですよね<=無能

フロントエンドは、実装してみて色々思ったんですけど、考えることがビューに注力してるから、デバッグのときには、ソースだけしっかり終えて本当に心が楽。端的に言って自分こっちの方が自分は得意!CSSとかのデザインのセンスもバックエンドよりはありそう。レビューで散々書き方を指摘されることがありますが、そもそも動くコードを納品できない… みたいなことは減りそう。

ブログの最初に貼り付けたツイートにも書いていますが、今まで自分はRubyを中心にキャリアを固めてきましたし、今後もGoとかをやろうと思ってたので、フロントは自分のキャリアの視野にすら入れてなかった。だから、このような偶然で幸運(しっかりお金もいただける)な案件を獲得させてくれたレバテックさんには非常に感謝をしていましす。

しかも、上場企業ですからキャッシュは多量にあるでしょうし、実際に入ってみると、とても寛大な現場。自分はオフィスがあるなら通勤するのが結構好きなので、普通に満員電車に乗って出勤してますけど、全然リモートでもokって言われてる。周りの人々も優しいです。

スポンサードリンク

フリーランスのエンジニアの市場は超拡大してると思われる。レバテックの新オフィスに行って確信。

実は、自分が案件を紹介してもらってる最中、レバテックさんのオフィスには一度も足を運んでませんでした。先方からは、一度オフィスに足を運んでいただき身分証明して欲しいと言われてたのですが、コロナウイルスが怖すぎて渋谷に行く気に全然ならなかったんですね。

で、案件の参画が決まったってことで、背に腹は変えられないってことで、レバテックさんの渋谷のオフィスに行ったんですけど、正直、レバテックさんのオフィスはとても豪華で驚きました。

オフィスは渋谷スクランブルスクエアっていう超高層ビルの中にあって、ミクシイ・グループと一緒のビルに入ってるんです。オフィスフロアに入っていくのは警備員が何人も立っているゲートを潜らないとダメですし、エントランスの中にはカフェもあって超驚きました。

いやらしい話し、くっそ儲かってんねんなあって(笑)

スポンサードリンク

今迷ってる人も今すぐフリーランスになるべき。必ず手取りが上がる。社員として安心する方がリスク。

僕の読みはかなり間違ってるなあって実感したのは、正直に言うと、今までエンジニアのフリーランスの業界って、バブってんじゃねえかなって思ってたんですよね。

だって、自分がCtoCのサービスを自主開発してた時、自分はなるべくビジネス面に集中したかったので、パートタイムでエンジニアさんを数人雇ったんですけど、開発のエンジニアさんはほぼ全て、中国とかベトナムとかのエンジニアさんを使いました。

だって、単純に安いから。僕はそれを知ってるので、キャリアが5年未満でも月間の単価が70万とか80万とか普通に狙えるみたいな市場の相場は、やがて落ちていって、海外のオフシュア勢に取って代わられるのでは??と感じてたわけです。

でも、どうやら現状では、それは間違ってたみたい。レバテックさんのオフィスを見たりすれば一目瞭然。この業界(ビジネス)は、まだまだ市場で伸びそうじゃんって思いました。だから、今、フリーランスになろうか迷ってる人は絶対に挑戦すべきです。

どんなに短く見積もっても、おそらく今後5年くらいは状況続くと思う。うまくいけばさらに市場は向上するかもしれない。将来、日本のエンジニアの価値が市場で高まるか、海外勢のオフシュアに負けるかは、わからないけど、とにかく、今は全然大丈夫。

フロントエンド未経験でも、Reactで70万の案件を取れるし(リモートもできる)どんなエンジニアでも、言語を選ばなけえば誰でも年収が1000万とか狙えるし、仮にクビになっても、すぐに現場が見つかるはず。

スキルシートとか面談の練習とかは必要だと思うけど、そこらへんしっかりクリアして望めば楽勝で案件は手に入ると思います。以下もよければ参考までにどうぞ。

参考 : 【フリーランス入門】4年未満エンジニアのスキルシートは一貫した技術で攻めろ

スポンサードリンク

まとめ

以上!!、レバテックさんのレビューを終了したいと思います。

結論、大満足です。一応言っておくけど、世の中には、実際はそんなによくないエージェントさんも多くて、例えば僕が過去に経験した出来事だと、受託開発を安く受注してエンジニアをコマみたいに使うことしか考えてない企業を紹介するエージェントさんもいました。

でも、レバテックさんは企業側のクオリティもしっかりと保証してる。受託の開発をさせるための人を募集するのは禁止してるし、企業側として発注するにも直近四半期いないの会社の証明なども必要。

私の今回の案件のように、上場企業の案件も参画するチャンスがあります。月額の単価も手取り70万円と普通に合格ライン。

更に(何回も言うけど)経験値がほぼゼロにもかかわらず、reactの案件でフロントエンドのキャリアを歩ませてくれた現在の現場様と、レバテックさんに、巨大なハートとkissを送りたいと思います。

参考までに、レバテックさんのサイトを貼っておくので、ご興味ある方は相談してみてはどうですか?登録から案件紹介まで爆速ですし、現在働いてる人は、勤務後に面談とかも実施できるので、会社をわざわざ辞めたりする必要もありませんよ〜

参考 : エンジニア専門【レバテックフリーランス】