人類の祖先「ルーシー」の死因は木からの落下であることが解明される。猿も木から落ちる笑笑

人類の遠い祖先である猿人には、1人の名前がついた伝説の猿人がおり「ルーシー」というのですが、その化石が存在しており、

最近の研究でルーシーは、318万年前に木から落ちた衝撃で死亡した可能性があるというのが、アメリカ・テキサス大学の研究チームの研究で判明したとのこと。

研究チームは化石を詳しく調べ、CT(コンピュータ断層撮影)スキャナーで頭蓋骨をスキャンし、死因を推定したという。

ルーシーは、身長約1メートルほどで、体重約27キロで、死亡時の年齢は15〜16歳と推定されていて、まさに猿も木から落ちるの第一人者ということになりそうだ。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース科学ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。