プーチン、G7向けガス供給停止へ。

ロシアのプーチン大統領は31日、ロシアの天然ガスの代金を4月1日以降、自国通貨ルーブルで支払うことを義務付け、これに従わない場合はガス供給契約を停止することを決定、

先進7カ国(G7)はルーブルでの支払いを拒否しており、日本や米国、欧州へのガス供給が停止される未来が確実となった模様。

日本も液化天然ガス(LNG)輸入の8%をロシアに依存しており、供給が途絶えればエネルギー安全保障に影響が出る可能性があるとのこと。

ちなみにロシアは、食料もエネルギーも自国で自給自足ができる恵まれた土地である故に、このような強気な姿勢を依然として取れているとの見方もあり。

特にヨーロッパ諸国は、多くのエネルギーをロシアからの生産に頼っていた部分もあり、アメリカなど他エネルギー資源国の助けがより一層必要となる模様。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。