イギリスのワイヤレスイヤホン会社Nothingがスマホ事業に参入。

英国の新興デジタル製品ブランドNothingのCEOであるCarl Peiは、先日、同社初のスマートフォン「Nothing Phone 1」を発表した。

また、Nothingは1000万米ドル(約12億円)の株式クラウドファンディング「コミュニティ投資」を発表、評価額は、同社がシリーズBで調達した資金と同額の約7000万米ドル(約84億円)となる見込みで、

出資者はスウェーデンの大手投資ファンドEQT傘下のベンチャーキャピタル(VC)「EQT Ventures」と香港のVC「C Capital(C Ventures Fund)」であった。

Nothingは、中国のスマートフォンメーカーOnePlusの元共同創業者であるCarl Peiが2020年にロンドンで創業し、アクティブノイズキャンセリングの完全ワイヤレスステレオ(TWS)イヤホン「ear(1)(イヤーワン)」で有名になった。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。