メタバース市場、2030年には1,600兆円の規模に拡大

米金融大手シティグループは、メタバース経済圏が2030年までに8兆米ドル(約980兆円)~13兆米ドル(約1,600兆円)に達するとする報告書を発表しました。また、メタバースの利用者数は50億人程度になる可能性があるとのことです。

3月31日に発表されたレポートによると、シティはメタバースについて、「メタバースは純粋なバーチャルリアリティの世界ではなく、物理的世界とデジタル世界の持続的かつ没入的な融合である次世代インターネットになりうると考えています」と定義しています。

また、メタバースは今後、商業、芸術、メディア、広告、医療、社会連携など、さまざまなケースに応用されると説明しています。

また、このレベルの市場に到達するためには、インフラへの投資が必要であることも指摘されています。まメタバースにおけるコンテンツストリーミング環境の計算効率は、現在の1,000倍以上にする必要があるとされています。

効率化を実現するための投資対象は、コンピュータ、ストレージ、ネットワークインフラ、コンシューマ向けハードウェア、ゲーム開発プラットフォームとされています。

また、オープンメタバースにおける貨幣の定義は、現実世界で通貨としてカウントされるものとは大きく異なり、相互運用性の基礎となるブロックチェーン技術間のシームレスな交換が重要であるとされています。

将来のメタバースは、より多くのデジタルネイティブトークンを含むが、従来の通貨形態も埋め込むと説明し、メタバースにおける通貨は、ゲーム内トークン、安定コイン、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、暗号資産(仮想通貨)という異なる形態で存在し得ると述べています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。