ウクライナから逃れた子供たちが人身売買のターゲットにされる恐れあり。既に100人以上の子どもたちが死亡

国連児童基金(ユニセフ)はウクライナから強制退去させられた子どもの数が約200万人に達したと発表した。国外に脱出した難民のうち、子どもは約半数を占めている。国外に逃れた子どものうち110万人以上がポーランドに入り、残りの数十万人はルーマニア、モルドバ、ハンガリー、スロバキア、チェコといった近隣諸国に入ったという。

ユニセフは、暴力から逃れた子どもたちが人身売買のターゲットにされ、搾取されるリスクが高まっていることを確認し、避難した家族を保護するための「ブルードット」の支援基盤を拡大している。

ユニセフによると、この紛争で100人以上の子どもたちが死亡し、130人以上が負傷しているとのこと。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。