Rubyの生みの親Matzさん「プログラミングは、常に考え続けることがその本質ですから、考えることが好きではない人には難しい」

 

なるほどおって思ったのでシェアします。

プログラミングは、どのようなソフトウェアを開発するのか、どのデータ構造・アルゴリズムが適切か、どのように開発するのか、そしてバグがあればどうやって見つけて直すのか、常に考え続けることがその本質ですから、考えることが好きではない人には難しいと思います。

その「考えることが苦でない」という性質を世の多くの人は「賢い」と呼ぶような気がします。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。