米当局者「ブチャでの民間人殺害、関与したロシア軍部隊の特定が可能」

ウクライナの首都キ-ウ近郊の町ブチャで起きた残虐行為について、米国が責任のあるロシア軍部隊を特定することが可能だと考えていることが分かった。

同関係者は、関係者の特定は米情報機関にとって「極めて高い優先度」だと説明した。

残虐行為が明るみになって以来、米国はあらゆるツールと資産を駆使して情報の収集と分析に努め、現在は関係者を『絞り込む』作業を行っているとのこと。

この関係者によると、米国が調査結果を公表するかどうかは定かではなく、その判断はウクライナに委ねられる可能性があるという。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。