ロシア軍に拉致されたウクライナ村の村長の遺体が発見される。

先月拉致されたウクライナのキーウ州の村長が遺体で発見されました。

ウクライナのベレジュク副首相は、6月3日現在、キウ州やヘルゾン州など6つの州の計11の村の村長がロシア軍に拘束されていることを明らかにした。

赤十字国際委員会に通報し、拘束されている民間人の居場所や健康状態などを知らせてくれるよう依頼したという。

ウクライナ政府は、ロシア兵との捕虜交換に民間人解放の交渉が含まれていることを表明していた。

その後、ロシア軍から奪還されたキウ州モティジン村では、先月23日に村長と夫のスチェンコさんが拉致されたが、遺体で発見されたとのことである。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

経済ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。