ファーウェイ、通信インフラ市場において28.7%のシェアを獲得、ぶっちぎりの世界第1位

米国の調査会社Dell’Oro Groupはこのほど、2021年の世界通信インフラ市場シェアを発表した。

ファーウェイが前年比7ポイント増の28.7%で2年連続の1位となり、以下エリクソン(15%)、ノキア(14.9%)、ZTE(10.5%)、シスコシステムズ(5.6%)、サムソン電子(3.1%)と続いています。

中国以外では、ファーウェイが18%、エリクソンとノキアがそれぞれ20%のシェアを占めているとのこと。

チャイナ企業の競争力の強さが現れる結果となった。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。