EC巨人アマゾンが動く。西日本に超巨大、最大規模の物流拠点の建設を発表。2000人雇用

インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)は11月22日、兵庫県尼崎市に西日本最大の物流拠点を開設すると発表した。

4階建ての建物の延べ床面積は10万平方メートル以上で、2,000人以上の従業員が商品の梱包や発送を担当する予定とのこと。

物流拠点は「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター」と名付けられる模様で、日用品や書籍、文房具など、オンラインショッピングで購入した人に届ける商品を保管する。

アマゾンは全国に20カ所以上の物流センターを持ち、西日本では京都府京田辺市の拠点が今のところ最大であった。

担当者は「これまで以上に幅広い商品を迅速かつ効率的に届けることができるようになる」と説明する。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。