ロシア、Googleへの報復としてYouTubeをロシア国内でブロック

ロシア国営通信社ノボスティは18日、同国の通信規制当局が、米グーグル傘下の動画投稿サービス「YouTube」へのアクセスを近く遮断すると報じた。早ければ18日にも実施される可能性があるという。

ノーボスチ通信によると、通信規制当局に近い関係者は、『来週までにYouTubeが遮断される』と述べたという。グーグルは、欧州連合(EU)の要請を受け、EU域内の検索時にRTなどロシア国営メディア2社のコンテンツを表示できないようにしている。また、Googleはロシアでの広告販売をすべて停止しており、今回のYouTubeへの接続遮断はこうした規制に対する報復と見られている。

ロシアは海外のSNSへの圧力を強めており、3月上旬には米メタ社が運営するフェイスブック(FB)へのアクセスが、ロシアの国営メディアへのアクセスが制限されているとしてブロックされ、3月11日にはメタ社がロシア兵への暴力を求める投稿などを許可したとして「過激主義」と非難された。同社は自らを「派閥組織」と認定し、1月14日から同社のインスタグラムへのアクセスを制限している。

 

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。