筋トレしすぎると逆に不健康。心臓病やがんを発生させる危険性が逆に上がることが判明

筋トレの実施時間が週130~140分を超えると、心血管疾患・がんに対するリスクが逆に高まることが判明。

最も適切な時間帯は、週30〜60分の範囲とのこと。論拠は以下の通り。

参考文献 : ムキムキを目指すだけが筋トレではない。

東北大学大学院医学系研究科の運動学分野門間陽樹講師、早稲田大学の川上諒子講師澤田亨教授および九州大学の本田貴紀助教の研究グループは、これまで公表されている研究結果を網羅的に収集して分析した結果、筋トレを実施すると、総死亡・心血管疾患・がん・糖尿病のリスクは10〜17%低い値を示し、総死亡・心血管疾患・がんについては週30〜60分の範囲で最もリスクが低く、糖尿病は実施時間が長ければ長いほどリスクが低くなることが明らかとなりました。さらに、筋トレの実施時間が週130~140分を超えると、総死亡・心血管疾患・がんに対する筋トレの好影響は認められなくなり、リスクは高い値を示しました。本結果は筋トレの長期的な健康効果を示す一方、やりすぎるとかえって健康効果が得られなくなってしまう可能性を示唆する重要な知見です。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

全般ニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。