ウクライナ、顔認識AI技術で戦死したロシア兵の身元特定

2022年3月13日、ウクライナ国防省が顔認識技術のスタートアップとして知られるClearview AIの技術を導入したことが発表された。

この時点ではClearview AIのCEOが顔認識技術の活用例を説明しただけだったが、3月23日にはウクライナのMykhailo Fedorov副首相がその実用化について講演を行った。

トン・タットCEOは「家族と離れ離れになった難民の再会、紛れ込んだロシアの工作員の特定、戦争に関連して流されるSNSのフェイクニュースの否定などにも使える」と活用例が色々とあることは発表した。

ウクライナの副首相兼デジタル改革大臣のミハイロ・フェドロフも、クリアビューAIの活用法について 語り、曰く、

顔認識ソフトは、戦闘員だったロシア兵の遺体の確認、親族への死亡連絡、遺体の引き渡し準備に使われている

とのこと。

https://twitter.com/FedorovMykhailo/status/1506644669362540548

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。