グーグル、給与や昇進に対する従業員の満足度が低いことが判明

グーグルは、従業員に報いるためにもっと野心的な対策を講じる必要があるかもしれない。新しい社内調査「Googlegeist」によると、社員は自分の給与や昇進の見込みにますます満足しなくなっていることが明らかになった。

CNBCが入手した調査結果では、自分の給与が他社の同等の職種より高いと答えたのは46%にとどまった。これは前年より12ポイント低く、56%が自分の給与は「公正かつ公平」だと答えたが、前年より8ポイント低く、64%が自分の給与に満足し、業績を反映していると答えたが、これは3ポイント低く、自分の給与が他社の同等の職種と比べて「公正かつ公平」だと答えたのはわずか12%であった。

クラウド分野では、54%の従業員が昇進プロセスは公正であると回答し、前年度より2ポイント減少しました。CNBCの報道によると、クラウド部門のCEOであるThomas Kurian氏は、社内メールで「不十分な昇進基準」と「透明性の欠如」を指摘したという。

Googleの広報担当者は以下のようにコメントを発表している。

「従業員が十分な報酬を得られるようにすることを約束します、給与、公平性、休暇など、あらゆる面で一流の報酬を提供していきます」

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。