グーグルがサイバーセキュリティ企業マンディアントの買収交渉に入ったと報じられた。

Googleがサイバーセキュリティ企業Mandiantの買収に向けて交渉中であると、The Informationが事情を知る情報筋の話として報じている。

Google Cloudは、セキュリティ機能を強化し、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった競合サービスに対する競争力を高める狙いがあるとみられる。 Microsoftも2月に、Mandiantの買収を検討していると報じられていた。

この報道を受けて、マンディアントの株価は大きく上昇した。

マンディアントの2021年会計年度の売上高は前年同期比21%増の4億8350万米ドル。純利益は9億1860万米ドルで、前期の2億730万米ドルの損失から大幅に増加した。

マンディアントは10月、シンフォニー・テクノロジー・グループ率いるコンソーシアムの支援を受け、ファイア・アイ製品事業のマカフィー・エンタープライズへの売却を完了したと発表した。マンディアントは2013年に、セキュリティアプライアンスメーカーのファイア・アイに買収されて一部門となったと発表している。しかし、10月にFireEyeのセキュリティアプライアンス製品事業をSymphony Technology Groupに売却し、元のMandiant事業を中心に新しい体制で事業を再スタートさせました。同様に売却されたマカフィーの法人向けセキュリティ事業(McAfee Enterprise)とも統合された。

マイクロソフトは1月、同社のセキュリティ事業の売上高が12カ月間で150億米ドルを超え、前年同期比で約45%増加したことを明らかにした。マイクロソフトのセキュリティサービスは、セキュリティ、コンプライアンス、アイデンティティ、デバイス管理 プライバシーなど幅広い領域をカバーする。

Google Cloudもセキュリティ事業の拡大に意欲的で、1月にはイスラエルのサイバーセキュリティ新興企業Siemplifyの買収を発表している。買収額は5億米ドル(約580億円)とされ、GoogleはSiemplifyをセキュリティ・オーケストレーション、自動化、対応(SOAR)分野のリーダーであると評している。同社は、同社の機能をGoogle Cloudに統合し、セキュリティ脅威の検知と対応を向上させたいとしている。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ホーム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。