ホーム

大卒の学歴など全く意味を為さない時代。雇ってもらおうでは足りない時代が恐ろしすぎる

2020年4月1日

大卒の学歴など全く意味を為さない時代。雇ってもらおうでは足りない時代が恐ろしすぎる

 

こんにちわ、お元気に過ごしていますか。

 

本日は『学歴』というものに関して話してみたいと思っています。

 

皆さんは、最終学歴はなんですか?

 

大卒ですか?

 

高卒ですか?

 

大学中退ですか?

 

はたまた中卒ですか?

 

まあ、色んな人がいると思いますが、

 

私は、大学中退です。

 

専修大学という大学に1年ほど在籍してたのですが、

 

もうほぼ大学に行ってた記憶があまりないです。

 

私自身は、

 

もう今となっては大学を卒業すること自体、

 

別に全然意味がないと思っているのですが、

 

多くの高校生や大学生は、

 

未だに大学へ行くこと自体に何か将来的な有利があると思ってる人が、

 

多いように思います。

 

でも、それ、はっきり言って本質が全然違うと思う。

 

なので、この記事では、

 

いかに大学という場所へ惰性で通うことが人生損をするのか、

 

懇切丁寧に解説していきたいと思います、

 

ダラダラ大学へ通っているそこのあなた、

 

今すぐに大学へ通うことをやめるか、

 

一生懸命心を入れ替えて大学へ通うようにすること!

 

では、行ってみよう٩( 'ω' )و

大学卒業という学歴のメリットは君が思うほど大きくない。雇ってもらおうでは足りない時代が来ます

まあ、冒頭で生意気言いつつ、

 

私もこう見えて大学を辞めるときにはそれなりに悩みました。

 

具体的には、

 

りょすけ
『せっかく大学に入ったのだし、このまま辞めてしまって本当のいいのか』

 

とか

 

りょすけ
『中途半端に辞めるのは一番良くないのではないか』

 

とか、そんな風に思ってました。

 

でも、打算的に解決方法を探ってみると、

 

案外大学へ行かないことに関するデメリットは多くないように思いました。

 

僕は、大学を卒業することで発生する損と、

 

大学を辞めることで発生する得を、天秤にかけてみたんです。

 

すると、まず、そもそも、大学を辞めることで発生する直接的なデメリットって、

 

一個だけしかないんですね。それは、→ 面接で『専修大学卒』と言えない

 

これだけでした?ていうか、それ以外に何かあるのでしょうか?

 

要するに、大学卒業の資格っていうのは、

 

多くの人にとっては単なる保険だと思うんです。

 

もしいつか人生が二進三進も行かなくなったときのために、

 

ちゃんと拾われる場所を探せるように、

 

自分へのお守りとして取っておくべきものだと思うんです。

 

私は、そこは百歩譲って同意します。

 

何故って、

 

僕は大学一年のときには既にプログラマーとして普通に働いてたのですが、

 

『大学辞めてもプログラマーとして、

 

常に新しい技術のスキルを磨いておけば食いっぱぐれはしないよね』

 

という風に実際に考えてたからです。

 

そういう意味では

 

『大卒の学歴』というお守りは僕にはいらなくて

 

『プログラミングのスキル』というお守りを自分は選んだと言うことが言えますし、

 

もっと言えば、

 

僕は大学を辞めてカナダへ渡って英語を身に付けたので、

 

『大学卒業という資格』よりも、

 

『英語とプログラミングができるスキル』の方が重要だと判断し、

 

大学在籍の四年間を、

 

投資としては費用対効果が悪すぎると判断しました。

 

だから、私が言いたいことは、

 

多くの学生にとって、大学という場所へ何故行くのかと問われれば、

 

それはもう根本的には完全に『就職するためだけ』と言えると思います。

 

就職して、

 

長い年月をかけて高卒で働いてる奴の給料を

 

追い抜くために皆んな大学へ行くのです。

 

で、それつまり、

 

就職するために四年間を無駄にするという意味でして、

 

皆んな、大学卒業という資格を取得するために大切な

 

四年間という自分の人生を捧げており、

 

案外、皆んなはそのことに気がついてない。

 

で、それって、完全にアホ。

大学を卒業した証など、全く意味を為さなくなる時代がすぐそこまで、やってきている。

これからの時代、

 

人間的な強さの感じられない人々は

 

どんどん生きる場所を失っていくことが容易に予想されます。

 

実力主義、能力主義な社会へ突き進んでいきますので、

 

単純に大学をとりあえず卒業して

 

就職しようみたいなマインドだとマジでヤヴァイです。

 

ついこの前、確か働きたい人は70歳まで働けるという法律が

 

通ったとニュースで見ました。

 

皆さん信じられます?70歳まで働けって政府は言ってる訳です。

 

もしあなたが東京大学を卒業してても、

 

ビジネススキルが伴ってなくて、

 

会社へ利益をもたらせない60過ぎの人材、

 

どこの企業が雇いますか?

 

別に60じゃなくてもいいよ、

 

30でも40でも、高学歴でも会社のために金を稼げなきゃ

 

もう全然誰もあなたを雇わなくなります。

 

いい大学を出れば安泰の時代はもう終わってます。

 

必死に頑張りたくない人もいるのも分かる。

 

一日4時間だけ働いて、

 

後はヤシの木の下でマリファナ吸いながら暮らしたい人もいっぱいいるのも分かる。

 

でも、資本主義は絶対にそれを許さない。

 

頑張って努力しない人はどんどん貧乏になっていく。

 

悲しいけどそれは事実。

 

だから、学び続けないとだめ。

 

この記事を読んでいるあなたへ、

 

心の底からお願いしたい。大学で遊び回らないで、必死に勉強してください。

 

で、大学を卒業した後も学び続けてください。

 

僕は、大学を辞めろとは言いません。

 

大学へ行くなとも言いません。

 

が、大学で何をするのか、何に対して情熱を持って取り組むのか、

 

自分の時間の使い方を、めちゃくちゃ良く考えて欲しい。

 

昔、大学へ行ってたとき、

 

僕の友達の数人は、

 

クラスをサボってパチンコして留年してタバコを吸ったりしてる人がいました、

 

もう、信じられないほどバカ。

 

そういう人は就職した後も絶対すぐにクビになったりします。

 

もう、正社員だからってポジションが保証されてる時代も終わるんです。

 

北米みたいに契約ベースで能力主義な社会にどんどんなっていきます。

 

だからこそ、一日一日、毎日を大切にして、

 

自分の活動の全てをタトゥーみたいに一生物として刻み込むこと。

 

そうすれば、はっきり言えば大学を卒業していようが、

 

卒業してなかろうが、高卒だろうが、中卒だろうが採用されます。

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム
-

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.