【入門】高度な画像処理が学べる技術書10選【オススメ本】

はじめに

webやMobileのプログラミングをしていたり、ネットメディアのようなものをしていると、いつかは必ず画像の問題にぶち当たり、頭を悩ませる日が来ます。

 

何故ならば、画像ファイルというのは、容量が大きく重いため、なにも考えずにホイホイ投げ込んでいると、恐ろしく重たいサイトになって、ユーザーが離脱しまくるからです。

 

だから、「どうしてこんな重たいウェブサイトになってしまったんだ・・・」と頭を悩ませ、画像をどうにかせねば!と思い画像処理を勉強し始めるわけですね。

 

ワードプレスなどでは、多くのプラグインがあり、画像サイズを色々と、あれこれ、出来たりもしますが、やっぱり技術を分かっていないと、腑に落ちないというか、上手くパフォーマンス出せなかったり、余計なことして画像が壊れたり、超低品質な画像になって、

 

むしろユーザーエクスペリエンスが悪くなったりもするわけです。ですから、わけのわかる画像処理で、早くくて軽くて高品質な画像をユーザーに提供するべく、画像処理を学ぼうっていうわけですね。

 

ということで、これまでに自分で読んで、めちゃくちゃ画像処理の知識向上に役になった本を紹介します。是非とも、下記の本の概要などを見て、買ってみてください。

 

【入門】高度な画像処理が学べる技術書10選【オススメ本】

ディジタル画像処理 [改訂第二版]

 

画像処理エンジニア検定 エキスパート・ベーシック公式問題集[改訂第四版]

 

ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-

 

詳解 OpenCV 3 ―コンピュータビジョンライブラリを使った画像処理・認識

 

医療AIとディープラーニングシリーズ Pythonによる医用画像処理入門

 

はじめての画像処理技術(第2版)

 

増補改訂版 図解でわかる はじめてのデジタル画像処理

BERT/GPT-3/DALL-E 自然言語処理・画像処理・音声処理 人工知能プログラミング実践入門

 

Python 3.6 による 画像処理

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

Pythonアイテム画像処理

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です