ハッカー集団「Fancy Bear」と「Ghostwriter」がウクライナを攻撃 – Googleが警告。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、Googleの脅威分析グループ(TAG)は3月7日(米国時間)、セキュリティアップデートを公開した。それによると、この2週間で、TAGは複数の有名な脅威行為者による活動を検知した。

TAGによると、ロシアの諜報機関である連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の部隊とみられるFancy Bearというハッカー集団が、ウクライナのメディア企業UkrNetに対してフィッシング攻撃を行ったことが確認されています。

また、TAGは、Ghostwriter(ウクライナのセキュリティ機関は2月、このグループがベラルーシ国防省とつながっていると発表)がポーランドとウクライナの政府および軍事部隊を攻撃していることを確認した。同グループは、UkrNetのウェブメールユーザーとともに、Yandexのユーザーも標的にしている。

また、TAGは、ウクライナのユーザーに対して、「国家が支援するハッキング」の標的になっているという警告を過去1年間に数百回出しているという。特にロシアからの攻撃が多かったという。

TAGは、「DDoS攻撃に対する無料の保護サービスであるプロジェクト・シールドの対象者を拡大した」と述べた。これにより、ウクライナ政府のウェブサイト、世界中の大使館、現在の紛争と密接に関連する政府がオンラインを維持し、自らを守り、重要なサービスを提供し続け、人々が必要な情報にアクセスできるようにすることができます」と続けている。

今日現在、多くの報道機関を含む150以上のウクライナのウェブサイトがこのサービスを利用しています」と述べています。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。