Gitで老ける。エンジニアの僕が勧めるGit入門本[2020年]

こんにちわ。最近実名でブログ書こうと決めたhujisawaです。gitはやらかすと本当に現場で微妙な立場に追いやられる魔物です。しかし味方につければ恐れずコードを描いていける強い味方になります。今回は、エンジニアの僕がおすすめする優良Git入門書を紹介します^^

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33

イラストや図、実際の操作画面を豊富に掲載しており、初心者の方がGitやSourcetreeの活用シーンをイメージしやすいよう、実制作や業務の中に手軽にGitを取り入れられてるので、生産性を向上したい方に最適です。

Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33改訂新版 [ 大串肇 ]

独習Git

Gitの基礎が身につくのはもちろん、さまざまな使いこなし、プロジェクトへの適用方法、開発支援サービスの利用についての知識が得られます。たんなるGit解説書としてではなく、一から学べる入門書としてお読みいただけます。丁寧かつ充実した内容で、現場で応用可能な技術がしっかりと身に付く一冊かなと思います。

【新品】【本】独習Git Rick Umali/著 吉川邦夫/訳

いちばんやさしいGit&GitHubの教本

全体を通し、コマンドラインを使った操作が中心であることも大きな特徴です。
難しそうに思えるかもしれませんが、未経験者でも理解できるように配慮しているので、心配は少ないかなと思いました。概念や操作方法を丁寧に解説するのみならず、「なぜそうするのか」といった疑問に答えられるような説明も多く入れてていいと思いました

いちばんやさしいGit & GitHubの教本 人気講師が教えるバージョン管理&共有入門/横田紋奈/宇賀神みずき【合計3000円以上で送料無料】

いちばんやさしい Git 入門教室

チーム開発を意識した体系的なgitの入門書です。技術だけでなく、チーム開発のイロハやマネジメントも勉強できる良書です。

いちばんやさしい Git 入門教室 [ 大澤文孝 ]

Gitポケットリファレンス

所謂困った時のリファレンス書籍。Gitを活用するためのバイブルとして読み継がれてきた「Gitポケットリファレンス」改訂新版が登場! 現場でGitを活用するための必携書として、「Gitコマンドのリファレンスと共に、エラーメッセージが出たときのトラブルシューティングも解説」というコンセプトはそのままに、GitリポジトリとSlackの連携や、GitBucket、GitLab、SourceTreeの紹介など、最新のチーム開発に対応! これからGitを利用する方に対しては導入部分から優しく解説し、Gitをすでに習熟している方に向けては最新動向をキャッチアップした懇切丁寧な書籍です!

Gitポケットリファレンス/岡本隆史/武田健太郎/相良幸範【1000円以上送料無料】

サルでもわかるGit入門

ウェブも有名ですよね。コレまでにGitを触ったことが無い方。もしくは一度勉強しようと思ったが、どうも手につかず普段はGitを利用していない。というような方々に向けたGitの操作を一から学べる内容となっています。無料のGitクライアントソフト「Sourcetree」と「Backlog」に含まれているGit機能を用いた手順を丁寧に解説しています。わかりやすさはそのままに、コマンドラインの利用が苦手なユーザーにも親しみやすくGitの操作を紹介しています。

サルでもわかるGit入門/大串肇/アクツユミ/一戸健宏【1000円以上送料無料】

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ Kindle版

Web制作における「GitHub」(ギットハブ)の使い方を、実際のワークフローをイメージしながら理解できる解説書です。本書を読みながら具体的なシーンを疑似体験すれば、GitHubの使い方の流れがスムーズに把握できます。「そもそもどんなサービスなのかわからない」「どういうときにどの機能を使えばいいの?」「これは正しい使い方なの?」といった使いはじめのころに感じる疑問はもちろん、リポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説されています。Kindle版なので持ち運び楽チン。

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール [ 塩谷啓 ]

GitLab実践ガイド

GitLabはGitHubとほとんど変わらないのですが有名なのはGitHubですね。こんなサービスもあるよと言うことで最後におまけで紹介します。***Gitを扱うことに関しては同じ。GitLabの基礎から、実務の開発ワークフローの運用で使える機能までを網羅した実践ガイドで。まずGitLabが目指す開発スタイルを理解し、開発プロセスの改善を実践していただくことを目指してい流ようで、単なるGitリポジトリ利用者に対する機能紹介ではなく、普段の開発プロセスの改善やデプロイオペレーションの効率化を図るために必要な情報を網羅されています。

GitLab実践ガイド (impress top gear) [ 北山晋吾 ]