ホーム

Googleアドセンスとは? Googleアドセンスに合格する方法 | 基準などについて、現役ブロガーが教えます!

 

皆様こんにちわ、りょすけです。

 

本日は、Googleアドセンスのお話しをしようと思います。

 

ズバリ、

 

どうすればGoogleアドセンスに合格できる?基準などあるの?

 

ということに関して、簡潔にお話しします。

 

また、初心者の方向けの記事になりますので、基礎的な部分をお話していきますね。

 

では、行ってみよう٩( 'ω' )و

 

そもそも、Googleアドセンスとは何か?

Googleアドセンスの公式のページを参考に話していきますね。

 

Googleアドセンスというのは、いわゆるクリック保証型広告と呼ばれているもので、

 

アフィリエイトのように、成果が発生したら収益が上がるものとは違い、

 

クリックされるだけで報酬が得られるので、サイト運営者の方のハードルはかなり低いと言えます。

 

広告の種類も、サイトのタイプによって自動で変化するので、

 

サイトの訪問者がクリックしそうな商品を、

 

Googleが自動で判断して表示してくれるので完全放置でOkですね。

 

Googleアドセンスはどのように申請するのか

 

ご自身のサイトにGoogleアドセンスを導入するには、

 

いくつかステップがあります。

 

どのような方法で、ブログやサイトを作っているかにも寄るのですが、

 

本質的には、Googleアドセンスから発行されるスクリプトコードを

 

サイトのhtmlに貼り付けて、申請を進めます。

 

 

ここら辺は、ちょっとプログラミングが関わってきたり、

 

色々あるので、今回の記事では説明は割愛させていただきますね。

 

需要があれば、専用で別の記事を書きます!

 

Googleアドセンスの申請に合格に基準はあるのか

Googleアドセンスは、誰でも自由に設定できますが、

 

審査があります。

 

審査基準は具体的ではなく、抽象的ですので、

 

落ちる人も結構いるみたいです。

 

しかし、審査の基準は一定のポリシーがしっかり定められていますので、

 

重要ななポイントをしっかり抑えれば、問題なく合格できると思うので安心して欲しいです。

 

簡潔にまとめると、

 

アドセンスのポリシーのページにもあるように、

 

ポイント

魅力的なコンテンツがあるか

サイトはみやすい配置、画像が使われているか

テキストは読みやすくブログなどに最適化されているか

不適切なコンテンツがないか

 

などを気をつければいいです。

 

ただ、この要点はなかなか具体的ではないので、

 

次の章で、実際に僕がとあるブログでアドセンスに初めて通ったときの状況を記したいと思います。

 

実際の成功体験事例があれば、わかりやすいですよね。

 

僕がGoogleアドセンスに合格したときの状況

 

僕がアドセンスに合格したときの状況は、

 

こんな感じです。

 

独自ドメインであることや、httpsに対応してたことを敢えて書いたのは、

 

Googleの思想として、『ユーザーファーストで』ということが掲げられているので、

 

それなら、基礎的な部分として勿論試作しておくべきだよねということです。

 

独自ドメインであることや、httpsに対応しなきゃいけないことが明記してあるわけじゃありません。

 

また、アドセンスに合格するまでの記事は12本と書いてますが、

 

じゃあ、10本でも通ったのか?と聞かれればそうかもしれない。

 

しかし、僕は記事が3本のときにアドセンス落ちたので、

 

やはりちゃんとした本数の記事は10本以上はあった方がいいです。

 

これは完全に僕の経験則です。

 

最後は画像をしっかり使用して、WordPressのテーマを導入したことですね。

 

この部分はAdSenseのポリシーに明確に明記してあるので、必須かと思います。

 

以上です。

 

いかがだったでしょうか?

 

簡潔にではありますが、Googleアドセンスに合格するまでの道筋を説明させてもらいました。

 

もし需要があれば、

 

もっと詳しく書こうと思いますw

 

では、またねえ〜〜( ◠‿◠ )

Pocket
LinkedIn にシェア



新規webサービスの開発の依頼ならoffテク⭐️

低コストで、Reactなどモダン言語での新規webサービス開発を承ります

-ホーム
-, , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.