Google Cloudもロシアでの新規契約を停止。

3月10日(現地時間)、Googleは、ロシアにおけるクラウドサービスの新規契約を停止したことを発表した。すでにAmazon Web ServicesとMicrosoftがロシア向けのクラウドサービスを停止または制限しており、いわゆる「ビッグ3クラウド」3社とも、ロシアからの新規契約はできなくなった。

また、Googleは同日、EUのGoogle Playストアからロシアの国営メディアアプリを削除し、ロシア国内の広告主に対する商業活動を一部停止するなど、国際情勢に対応した措置を講じたと発表した。ただし、ロシア国民が国際的な情報にアクセスできるよう、一般ユーザー向けの検索機能、Gmail、YouTubeなどは引き続き提供するとしている。

また、ロシアとウクライナの情勢をめぐって、OracleやIBMなどのクラウドベンダーがロシアでの業務やサービスを停止している。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュース

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。