ITニュース エンタメ

とうとうGoogleの新OS「Fuchsia」が公開されるらしい

0
0

 

世界ナンバーワンのハイテクジャイアントであるGoogleは、「Android」「Chrome OS」というOSを開発して所有していますが、

 

第3のOS「Fuchsia」が、2021年5月24日にGoogle製スマートホームデバイス「Nest Hub」に向けて配信開始されたことが明らかになりました。

 

この新しい OSである「Fuchsia」は、今までのLinuxカーネルをベースに開発されているOSと違って、

 

独自開発のカーネルの「Magenta」というものをベースに開発されているらしいです。

 

Fuchsiaの開発者であるChris McKillop氏のツイートでは、第1世代Nest HubへのFuchsiaの配信は、

 

2021年5月24日に始まったことも判明しておりまして、一方、公式Blogなどからの正式な発表は報道時点では存在していません。

 

 

9to5Googleによると、Fuchsiaで動作する第1世代Nest Hubの使用感は、旧来のCastOSのモノと変化していないとのことです。

 

これは、複数のプラットフォームへの一貫したアプリケーションの提供を実現する「Flutter」によって実現されていると、9to5Googleは解説しています。

 

また、9to5Googleは「Fuchsiaは、デスクトップとモバイル端末の両方で動作するように設計されており、Androidアプリを実行可能で、

 

今回の第1世代Nest Hubへの対応は、Fuchsiaの出発点になる可能性があります」と述べ、Fuchsiaがさまざまなデバイスに対応することに期待を寄せています。

Pocket
LinkedIn にシェア

りょすけ
毎月3万人以上のプログラマーが訪れるoff.tokyoで、プログラマーさん向けのアンケートを実施しています、アンケートに無料回答すると、他の人の投票も見ることが出来ます!

学びたいプログラミング言語は何ですか?

 vaaaval@gmail.com



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ITニュース, エンタメ

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.