GReeeeNが紅白に初出場「顔出し?!」反響呼ぶ

GReeeeNが紅白に初出場「顔出し?!」反響呼ぶ

2020年の年末、紅白歌合戦に、

 

GReeeeNが初出場を果たした。

 

2007年に彗星の如くデビューを果たした顔を明かさぬ天才シンガー集団。

 

これまでは一才のプライベートな情報を隠して活動を続けてきた。

 

一説では、それぞれが歯医者としての活動を継続させるための配慮だと言われている。

 

そんなGreenは、さまざまな楽曲を届けてきた国民的なスターである。

 

新型コロナウイルスの感染が拡大した今年、

 

日本に勇気を与えた曲として「星影のエール」の紅白スペシャルとヒット曲「キセキ」を披露したのだ!

 

映像では、顔を出した複数人の男性がマイクを持ちステージで歌っている映像が映し出された。

 

これは、ついに顔出しなのか?!

 

しかし、実際には「ライブ・エール」ではAR(拡張現実)を駆使した映像演出で盛り上げたGReeeeNのため

 

4人の顔の部分も鮮明に映されたが、本人ではなく、少し残念な空気が感じられた。

 

https://youtu.be/i_-bEPBQAeA

 

[itemlink post_id=”9936″]

 

[itemlink post_id=”9937″]
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ホーム