ホーム

肺炎がどんな感じか知らない人へ。ウイルス感染で死にそうになったことあるので解説します

皆さんこんにちわ、藤沢だよ 🙂

実は私、ウイルス感染が原因で肺炎になった経験があります。現在、コロナウイルスが多くの人々の生命を脅かしているということで、肺炎になるとどれほど恐ろしいか、申し訳程度に語っていこうと思います。

まず、私が肺を患ったのは確か昨年の7月ぐらいでした、当時、福岡でRuby会議というカンファレンスが行われてまして、私は当時Rubyのエンジニアでしたので、東京から遥々参加することんにしたんですね。

初めての福岡だったので、夜はだいぶ派手にやっていたのですが、その時にハンギングアウトしてた女の子が感染源であることは間違いないです。後日、彼女も肺炎になってることが判明しましたし、彼女は私が体調を崩す前から体調を崩していましたから。(まあ、真実は分かりませんが)

で、福岡から東京へ戻った後、悲しいことに私の病気の初期症状は出始めてしまいました。どういう症状だったかと言いますと、なんか、喋ってると否応なく超軽い咳ができるようになったんです。その症状は最初は極めて軽いものでしたが、症状は一貫しており『あーーーー』って続けて声を出すと3秒くらいで『ゴホッ!』って乾いた咳が出るんです。

ただ、その時はまだ軽い症状でしたし、人と喋るときはある程度我慢ができてしまったので、私は二日くらい症状を完全に放置して、飲み会に参加したり、カラオケに行ったりしてました。で、案の定、症状は悪化してしまったんですね。

症状が悪化した後はしんどかった、咳がどんどん止まらなくなって、喋れなくなりました。一言喋ると咳、呼吸をすると咳、水を飲むと咳、立ち上がると咳、もう四六時中咳が止まらない。

明くる日、流石に病院に行きまして、血液検査をすると、『あ〜これウイルス体に入っちゃってますね』と軽く言われまして、見たことないほど薬を出されました。どんなだけ飲めばええんってその時は思ったんですけど、最初は薬が全然効かなかったので、もっと効く薬ないんかい!!!って思いましたよ。

病院に行った夜から体調の悪さはピークを迎え、咳の頻度も、威力も増していき、なんか普通の咳とは違う感じの音が出るようになりました。もう喉も痛いし頭も痛いし、横になると咳が悪化するから一日中不眠不休で直立していました。5分に一回は洗面台に行ってガラガラうがいして喉を暖かいお湯で癒してました。

後、これが一番辛かったんですけど、咳をずっとしてると、しばらくすると、自分の咳が原因で肋骨が痛み始めました。咳するたびにボクシングでボディ打たれたみたいに体丸めて唸ってました。咳をするともうお腹の周りに激痛が走るから、自分の努力の限りを尽くして咳をしないように心がけるのですが、

呼吸するだけで咳が出てしまうので、しまいにはなるべく呼吸をしないようにしてました。超気をつけて咳が出ないような浅くか弱い呼吸っていうんですかね笑 もうとにかく散々な目にあいましたよ。寝てられねえし、喉も頭も痛いし、肋骨痛いし熱っぽいし。

んで、やっと薬の効果が出てきたのは、病院からもらったありったけの薬を飲み続けて三日くらい経ってからですかね。なんだか普通に黙って呼吸してても咳が出なくなってきました。まだ少しでも喋ると『ゴホッ!』ってなるんですが、黙って呼吸する分にはまあいけるようになったんです。

そこからは徐々に快方へ向かうのですが、それまでは本当に辛かった。当時、僕は22歳だったので、元気いっぱい体力いっぱいの若者でしたが、これが落としおりで、体力がなく、免疫も低い感染しやすい方だったら、これはかなり危険です。

肺炎症状を実際に味わったから、あの怖さは分かります。皆さん、ウイルスを舐めないように、肺炎症状はまじできついです。

以上、ありがとうございました٩( 'ω' )و

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.