ブロックチェーン 仮想通貨

仮想通貨を安全に管理する方法 ハードウェアウォレットってなに?

ビットコインをはじめとした仮想通貨や、

 

そのほかブロックチェーンで管理されてる暗号資産を管理するためには、

 

ウォレットというもので管理するのですが、

 

イーサリアムとかを使ったことがあれば、メタマスクとかが有名ですよね。

 

でも実は、ウォレットを使うにはそのほかにも色々ありまして、

 

メタマスクなどのソフトウェアのウォレットよりも、

 

ハードウェアに直接データを入れて仮想通貨を管理して、データを守ることが出来たりします。

 

今日のコンテンツでは、ビットコインなどの仮想通貨の管理する様々な方法を、

 

紹介します。

 

そもそも仮想通貨を管理するとは

 

まず、ビットコインやその他の暗号通貨を所有するという概念を理解することは、

 

最初のうちは難しいかもしれませんが、これらは純粋なデジタル資産であると捉えると良いです。

 

つまり、所有権はアクセスするための秘密である秘密鍵を保持することで定義されます。

 

もし、誰かがあなたの秘密(どこかに保存されている長い数字)に不正にアクセスしたら、

 

あなたの資金はすべて消えてしまいますので、これを管理するのが大切だということです。

 

事実として、これらの問題は、

 

ビットコインの初期には、大きな損失やハッキングの話がありました。

 

では、今後、私たちの資産を守るためには、どうすればいいでしょうか?

 

ビットコインを購入して取引所に預ける

 

一つ目は王道ですが取引所を使うことです。

 

取引所での取引は便利で、多くの初心者ユーザーの出発点となっていますよね。

 

取引所は、あなたが頼めば、ビットコインを渡す義務があり、プラットフォームとして、

 

資金を守る義務があるので、とりあえず一番ここが初心者向けなのですが、

 

でも取引所は常にハッキングされていますし、廃業したり、

 

規制上の問題で出金を拒否されることもありますので、いろいろとリスクもあります。

 

ソフトウェアウォレットのインストール

 

次善の策として、自分のビットコインキーを管理することができます。

 

そのためには、ウォレットアプリケーションが必要です。

 

パソコンや携帯電話にウォレットをインストールすれば、

 

毎日、現金の財布に入れて持ち歩くのと同じように、限られた資金を管理することができます。

 

しかし、理解しておきたいのは、

 

自分のビットコインの秘密の鍵がさらされているというリスクもあります。

 

悪意のあるモバイルアプリやパソコンのウイルスがこの鍵にアクセスした場合、

 

すべての資金が盗まれてしまいます。

 

ハードウェアウォレットの使用

 

最後は、ハードウェアウォレットを使うことです。

 

  • 秘密鍵をあらゆる形の不正アクセスから守り、ネットワーク上のデバイスに公開しないこと。
  • ウォレットが署名している内容を独立して検証し、画面上に明示すること。

 

ハードウェアウォレットの利点は、このようなところにあります。

 

このハードウェアウォレットとのやりとりには、

 

コンピュータや携帯電話のウォレットアプリケーションを使用しますが、

 

そのアプリケーションは秘密鍵を管理しません。

 

ウォレットアプリケーションは、ハードウェアウォレット上で直接署名される取引を準備したり、

 

ハードウェアウォレット上で検証される新しい受信アドレスを作成したりするだけです。

 

ですから、あなたの秘密鍵がデバイスから離れることはありません。

 

故に安心安全であると言えます。

 

専用ハードウェアによるカスタムセットアップ

 

さらに、専門的なやりとりが必要ですが、専門のハードウェアを用意する手もあります。

 

別々のラップトップを購入し、ネットワークカードを取り外して、インターネットに接続してはならないラップトップに、

 

ウォレットソフトウェアをインストールします。

 

これは上級者にとっては有効な鍵の保護方法ですが、設定には多くの時間がかかり、

 

非常にミスが起こりやすいので、パソコンなどに詳しくない人はオススメできません。

 

1つでも近道をしたり、1つでもミスをすると、設定全体が台無しになってしまいます。

 

資金へのアクセスも面倒なので、長期保管には高価な専門家向けのオプションであることがほとんどです。

 

ペーパーウォレットと事前に生成された鍵

 

ビットコインの初期にはペーパーウォレットの使用が流行しましたが、

 

もはや安全なソリューションとは考えられません。

 

ネットワーク機器に触れずに作成・印刷することが難しく(安全性が低い)、

 

アドレスの再利用を促し(プライバシーに悪影響)、

 

1回の取引でまとめて使わなければならない(ヒューマンエラーの可能性がある)からです。

 

まとめ

 

以上になります。

 

本日のコンテンツでは、仮想通貨などの暗号資産をどのように便利に管理できるのか、

 

様々な方法を紹介しました!

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ブロックチェーン, 仮想通貨

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.