ホーム

"下手な経営"を目の当たりにしたことはありますか?

皆さんどうも、りょすけです。

 

Quoraを見てたら、こんな質問を発見しました。

 

 

今日は、この質問に答えるブログを書きます。

僕は、自分の人生のキャリアのスタートは、Web系のエンジニアだったんですが、エンジニアとして色んな現場を渡り歩いてた時期に、

とあるエンジニア社長に出会いました。

下手な経営などと、私が物申すのは、大変おこがましいんですが、答えてみようと思います。


彼(以後、Aさん)が、うちらの現場にジョインしてきたとき、Aさんは、部下のエンジニア(以後、Nさん)を一人携えて現場に参加されました。

Aさんは、もう7年くらいRubyを書いてるらしく、ベテラン枠で参加されましたので、僕を含めて、皆んなで何かあれば、Aさんを頼ろうみたいな雰囲気になっていました。

部下のNさんは、キャリアは一年ほどで、当時の僕と同じくらいのキャリアだったんで、仲良くやってました。

Nさんから話を聞けば、Aさんは個人の受託開発会社を持っていて、Nさんを育てるために雇い、一緒に現場に入って育てているそうです。

月額の業務委託の金額は、二人で140万で、残業費がプラスで乗っかる仕組みだったらしいです。


当時、私達が携わっていたプロダクトのソースコードは、ヘルタースケルター(しっちゃかめっちゃか)みたいなことになっておりまして、

Aさんがチームに参画されてから、プロダクトのリードエンジニアが、Aさんになったので、僕達は内心、ホッとしてたんですが、

しばらく現場で仕事を続けていると、とあることに気がつくんです。

Aさんが、とんでもない長時間労働をしてるんです。

平日は夜の23時くらいまで稼働してるし、土日もほとんど稼働していました。

僕は、すごいなあと思いながら日々過ごしてましたが、しばらくすると、Aさんが社長にこんな提案をはじめました。

『フロント側は僕の手に負えないんで、フロント・エンド専門のエンジニアを一人僕の方で雇っても良いですか?』

そして、Aさんが調達してきたフロント・エンドのエンジニアが一人、フルリモートでジョインされてきました。

そこらへんから、現場の社長の雰囲気もたまに悪くなることがあって、Aさんが残業しすぎで残業代が高いだとか、外部のリソースの請求もされるだとか、いきなり途中からAさんも完全リモートになって、そんなこと許してないだとか… etc

まあ、そこらへんのことは、僕がその現場をヨーロッパ旅行のために去る5ヶ月後くらいまでの間は、なあなあなまま、過ぎ去っていき、その後、どうなったかは、全く知らないです。


それで、話しを戻すと、

フロント・エンドのエンジニアさんは、どうやら見た目を綺麗にすることは、とても上手にできるらしく、

ダサいBootstrapみたいな画面デザインが、どんどんVUE.jsってぽいモダンな画面に変わっていきました。

が、数週間後、Aさんがミーティングでこんなことを言い出すのです。

フロント側は、大分、整いましたね。ロジックの方は、皆んなで確認しながら修正が必要かと思います。

分かりやすく説明できないんですけど、当時、うちらが開発してたサービスは金融系のクラウドサービスでした、年金とか税金とか、複雑な計算が、色々な関数を行ったり来たりしてたようなコードだったんです。

コード内部はスパゲッティだし、僕は未熟なエンジニアだったので、既存コードには、触りたくないって考えてたんですよね。

つまり、フロント側を丸々と書き換えて、ロジックは後回しなんて、大丈夫かなあ?って思いました。(ちなみにRspec系のテストは何も書かれていません)

まあ、その時点では、Nさんを含めて、僕達は他の指示された仕事してたので、大掛かりな工事をしてたのは、Aさんと、Aさんが連れてきたフロント・エンジニアの方だったんで、いいんですけど。


事件が起こったのは、最初のチーム参画から2.5ヶ月ほど経った頃です。

突然、Nさんが会社を辞めてしまいました、Nさんは、いきなり1日前に、Aさんにメールでやめますと連絡を寄越してきたらしいです。

後ほどラインで色々と聞いてみたら、どうやら、Nさんの手取りが20万いかないくらいで、残業を強いられて、我慢できなかったみたいです。

僕は残念やなあって思いながら見てたんですけど、Aさんは意に介してないみたいで、平然としてて、『損したなあくらいですよ』って言ってました。


それで、驚いたことに、数週間後、Aさんは、また新人のエンジニア志望の若者を、雇うことにしたんです、しかもその若者は、留学生で、外国人だったんです。

単純にそこらへんにいるスキルワーカーの外国人を雇うんじゃなくて、まだ未経験の21歳の学生を、100万くらいビザのサポート会社に支払って、ビザの発給の支援までして連れてきたって言ってました。

しかも、その留学生は、半年後くらいには辞めて母国に帰るっていうんです、でも、数年後にまた日本に戻ってくるから、その時には正社員として雇用するって言うんです。


ええええ、どういう思想でAさんが、そういうことをしてるのか全くわからなかったんですよね。

そういうことをしてる間にも、Aさんは日夜、残業しまくりで働きまくってるわけです。一度だけ、毎月20万くらいする、そこそこ良いオフィスに招待してもらったんですけど、

オフィスには、大きなテレビと、AppleTVと、iPadで備え付けられた外部の受付マシーンが置いてあって、座席が7個くらいありました。

こんな設備いる?!って内心思いました。


シンプルに考えて、あんな大きなオフィス借りてしまって、人月100万前後を大忙しで稼いでたら、お金が増えないし、新人が育てられないし、休み潰して働いて、残業ばっか沢山して、お客さんも増えなくて、事業が拡大しないんじゃないかなあって思いました。

実は、僕はその現場には、フリーランスエージェントさん経由で入ったんですが、Aさんも、フリーランスエージェント経由で入ってたので、業務委託で稼働をせざるを得ない状態にあったんですよね。

現場のプロマネみたいな人が、Aさんに、エージェント経由せずに、直接取引どうですかって誘っていただいたりしたのですが、恩義があるからと、フリーランスエージェントに、フィーは払い続けると言っていました。

それを聞いて現場の社長がまた不満げでした。

優しい人なんだろうなあって思ったんですが、お金は増えないのかなあって。


僕がこの経験から学んだ教訓は、

㊀経営者は自分で働いてはいけない、人を育てなきゃいけない

㊁経営者の仕事は人を使うことだ、そしてお金を増やすことだ

㊂経営者は長い時間自分で働いてはいけない、短い時間働いて、余った時間はもっと仕事を増やすことに専念しないといけない

ってことでした。

以上、ありがとうございました。

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.