ホーム ライティング・ブログ運営

『ホームページって誰でも作れるよね』と言う人が愚かでならない

2020年6月11日

皆さんこんにちわ、りょすけです。

 

皆さんは、自社ホームページを制作するとき、

 

どのような方法で作っていますか?

 

CMSですか?スクラッチですか?もしくはwebフレームワークを使っていますか?

 

いずれにせよ、

 

ホームページ制作をするなら、プロに頼んだ方がいいです。

 

昔、mtgさせていただいた方にこんなことを言われたことがあるのですが、

 

『ぶっちゃけ、ホームページ制作って誰でもできるじゃないすか』

 

その会社のホムペを見てみたら、体裁だけ埋め合わせたハリボテでした。

 

まあ、言わんとすることはわかるよ。

 

確かに、仰る通りホームページを作るだけなら高校生でもできるわ。

 

だが、ホームページというのは、

 

長期的な運用を続けて初めて価値が生まれるものでして、

 

プロにホームページの制作を投げるということは、

 

ある程度運用まで見込んで投げるってことであって、

 

そういうことまで手が届く制作会社は少なく、

 

故に、高単価になってくるんです。

 

申し訳程度の小銭を渋って、超格安で低品質のサイトを作り、

 

結局、誰からも見られないwebサイトが生まれるのって、

 

めっちゃ損じゃないですか?

 

良いホームページを制作できるプロとは

 

じゃあ、価値のあるホームページ制作を依頼できる人、

 

ってどんな人でしょうか?

 

自分としては、このくらいのスキルは持ってて欲しいです。

 

ポイント

・プログラミングが出来てエンジニアとしても活躍できるほどの技術力

・コピーライティングの書き方を知っている

・セールスレター& LPが作れる

・コンテンツマーケティングに深い知見がある

・web広告の戦略の立て方を知っている

 

もちろん、社内に上記のようなスキルやノウハウを持った人がいれば、

 

ぶっちゃけ箱だけ作ってもらえば済むかもしれない。

 

ただ、多くの企業でホムペを外注する企業様というのは、

 

itリテラシーが高い企業様は少ない。

 

本業でしっかり稼いで、予算をitへ投資して、

 

長期目線でサイトを運営できる人を雇用するべき。

 

ホームページ運用は何をやるのか

 

じゃあ、具体的に、

 

ホームページを運用していくってどういうことかと言うと、

 

下記のようなステップを踏み、コンバージョンを目指します。

 

ポイント2

・コンバージョン設計に基づいた導線の設計(デザイン)

・継続的な情報発信でドメインパワーとファンを作る

・会社の売りを正確に理解してセールス記事を書く

・web広告でリード客を獲得

・ABテストを繰り返し社内にノウハウをもたらす

 

こんな感じですね。

 

僕は、パートナーとしてホームページの作成を依頼していただけるクライアント様には、

 

ここまでやります。

 

つまり、『実際に売り上げ上がるまで面倒みます』ってことです。

 

僕は、ホームページ制作というのは、

 

webサポートのプロが行って初めて結果が現れると思っています。

 

まとめ

 

まとめると、

 

最初にも申し上げたように、

 

ポイント3

『ただ作るだけ』なら誰でもできるけど、

それじゃあ全然意味ない。

しっかりと運用をしながら伸ばすことを考えると

ホームページ制作は、全然誰もできることじゃない。

 

以上、

 

ありがとうございました٩( 'ω' )و

 

正しい企業サイトの作り方 | 売れるホームページの構成について

【初心者向け】問い合わせが増える広告の作り方【利益UPの秘密】

 

【初心者向け】売れるホームページとは?問い合わせが来るHPを作る方法

 

売れる文章の秘密を解き明かす。アフィリエイトやLPで使えます⭐️

 

【ブログ立ち上げ】WordPress、はてなブログ、自分でコーディング、どれがいいですか? 【初心者向け】

 

【サイト高速化】ブログの画像の軽量化、サイズ変更の方法を動画付きで解説!

Pocket
LinkedIn にシェア

-ホーム, ライティング・ブログ運営
-, , ,

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.