MetaのVRプラットフォームHorizo​​nが30万人のユーザーに到達

Facebookは、己の社名まで変えてまで、仮想現実とメタバースに未来を賭けており、従来のソーシャルメディアを超えたハードウェアとソフトウェアを構築するために、年間で数十億ドルを費やしています。

しかし同社は、少なくともこれまでのところ、初期の賭けがどれほどうまく機能しているかについて、一般の人々とほとんど共有をしていません。

Metaの現在の最も注目されている賭けは、Horizo​​nWorldsと呼ばれるQuestヘッドセット用のソーシャルVRプラットフォームで、


Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—256GB

ザッカーバーグは同社の最新の決算発表で「メタバースビジョンの核心」と位置付けています。

そして今回初めて、このHorizo​​nWorldsのユーザーの成長に関する情報が共有されました。

12月初旬以降、月間ユーザーベースは10倍に増加

Horizo​​nWorldsは現在、米国とカナダのすべてのクエストユーザーに展開されていますが 月間ユーザーベースは10倍の30万人に到達しているとのこと。

既にこれまでにHorizo​​n Worldsに10,000の個別のワールドが構築され、クリエイター向けのプライベートFacebookグループのメンバー数が20,000を超えることを発表されています。

しかし、Horizo​​n Worldsが広く利用可能になってからわずか数か月であることを考えると、プラットフォームの急速な成長が続くのか、それとも長期にわたってユーザーを維持できるのかを判断するには時期尚早で、

Horizo​​n WorldsはまだMetaのためにお金を稼いでいませんし、特に投資家がその高価なメタバースのプッシュに疑問を呈しているため、会社の株がどのようにタンクに入れられているかを考えると、Metaが早い段階でお金を稼げるプロダクトを作らないと、

ますます問題が根深くなってくるでしょう、事実、FacebookやインスタグラムはチャイナのSNSのTikTokに押されまくっており、動画配信でもYoutubeの足元にも及んでいませんからね。。。

RSS714
Twitter294
Pinterest450
LinkedIn94
Share
Instagram119
藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)
  • りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

ITニュースweb3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。