プログラミング ホーム

『契約取るとき、保守費ってどうされてますか?』という質問に答えます | システム開発

皆さんこんにちわ、りょすけ@webです。

 

この前、知人からこのような質問をいただきました。

 

 

考える人
いつも契約取るとき、保守費ってどうされてますか?

 

とても興味深い質問をいただき感謝です。

 

じゃあ、早速答えていきましょう。

 

まあ、とは言っても、

 

身も蓋もないないですが、システム保守費の業界標準みたいなのはないと思う。

 

これまで5年以上、様々な現場にアサインされてきましたが、

 

現場で一貫性はほとんどありませんでした。

 

例えば、

 

・週に一回、常駐で保守するので月120万ください

・月100万もらってるけど、保守が重すぎて苦しいから切ってください

・格安でホムペ作ってあげるので、月間5000円〜15000円ください

・100万で作るので月二万ください

 

... etc

 

まだまだ様々だけど、一例をだすとこんな感じ。

 

エンジニア経験がないプロジェクトマネージャーとかだと、

 

相場感が掴めないのは無理もない。

 

システム開発の保守はケースバイケースで様々。

 

勿論、保守するソースの難易度に寄っても変わりますし、

 

保守するコードの量に寄っても変わります。

 

だから、結局システムの保守費用というのは

 

交渉をするPMと、開発をするエンジニアの力量に寄って大きく変わるわけで、

 

世の中の経営者や、エンジニア経営者は、自分達のこれまでの経験や、お客さんの資金力やITリテラシーによって金額を変えまくってると思います。

 

ぶっちゃけて言ってしまえば

 

僕は保守費用を請求する際は、

 

『お客さんがいくらだせそう』か『どのくらいだし続けてくれそう』かよく考えますし、

 

あまりにも高額な言い値を言うと Noと言われ、

 

一度Noと言われて、プロジェクト自体も頓挫したら最悪なので、

 

なるべくここは安全パイを狙っていきますね。

 

結局、難しい改修であれば追加で請求することになりますから。

 

以上、

 

ザックリとしてますがこんな感じです。

 

こればっかりは場数を踏んで、

 

『この案件で、この規模なら、毎月このくらい、払ってくれそうだし、交渉してみるか』

 

みたいな経験、姿勢が大切です。

Pocket
LinkedIn にシェア

エンジニアにおすすめできる本

Card image cap
リーダブルコード

より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

Card image cap
Webを支える技術

HTTP,URI,HTML,そしてREST

Card image cap
誰でもPythonで作れる

儲かるAIとソフトウェアの作り方

Card image cap
プログラマが知るべき97のこと

現場で使える実践哲学のマスターピース

Card image cap
情熱プログラマー

時代を超えて。ソフトウェア開発者の幸せな生き方

Card image cap
アジャイルサムライ

プログラミング達人開発者への道

Card image cap
Rubyを作った男 まつもとゆきひろ

コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法

-プログラミング, ホーム
-, , ,

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.