ホーム

Gitで間違えてmasterにコミットしてしまったときの対処法

参考

Gitでブランチを作るのを忘れてmasterにコミットしてしまったときの対処法

Gitでやらかす

gitで新しい実装を始めるとき、普通は新しいbranchを作りそちらにcheckoutしてから作業をはじめますよね。そして、作業が終わったら新しいbranchにcommit&pushします。

でも、たまには新しいbranchを作るのを忘れてしまうことがありますよね。そ
ういう時の対処法です。

要は、新しく作った別のbranchにcommitを移動させ(残しつつ)masterブランチは以前のcommitに戻すということです。

流れは下記のようになります

masterで実装

↓

masterにcommit&push

↓

新しいbranchを作りcheckout

↓

masterに戻る

↓

masterでreset

新しいbranchを作る

masterにcoomitしてしまった後、まずは新しいbranchを作ります

git checkout -b NewBranch
Switched to a new branch 'NewBranch'

NewBranchを確認

NewBranchという新しいbranchが生成され、今はmasterブランチにいることが確認できます

git branch
  NewBranch
* master

master にcheckoutして戻る

この時点で、masterとNewBranchは全く同じ状態を保ってるはずです。
この状態から、checkoutでmasterに戻りましょう

git checkout master

masterブランチにいる状態でresetする

checkoutでmasterに戻ったら、git resetでmasterのcommitを打ち消します

git reset --hard HEAD~1

完了

これで、 NewBranchには最新のcommitが保たれて、masterは一個前のcommitが維持されてる状態となります

Pocket
LinkedIn にシェア

エンジニアにおすすめできる本

Card image cap
リーダブルコード

より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

Card image cap
Webを支える技術

HTTP,URI,HTML,そしてREST

Card image cap
誰でもPythonで作れる

儲かるAIとソフトウェアの作り方

Card image cap
プログラマが知るべき97のこと

現場で使える実践哲学のマスターピース

Card image cap
情熱プログラマー

時代を超えて。ソフトウェア開発者の幸せな生き方

Card image cap
アジャイルサムライ

プログラミング達人開発者への道

Card image cap
Rubyを作った男 まつもとゆきひろ

コードの世界 スーパー・プログラマになる14の思考法

ご提供 sponsor
 

Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

 

ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

宣伝
 

りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

-ホーム

Copyright© offブログ! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.