マーケティング・広告

Webからリード獲得したい人が知るべき心得 | Webとリアル営業の違い | ネットでの情報発信はちゃんと誰かに見られています

2020年11月19日

 

こんにちわ、お元気に過ごされていますか?

 

りょすけです。

 

突然ですが、今日のブログ記事のタイトルは、ちょっと長いです。

 

Webからリード獲得したい人が知るべき心得 | Webとリアル営業の違い | ネットでの情報発信はちゃんと誰かに見られています

 

何個タイトル繋がってるんですか?

 

ごめん、でも必要なんだ、これで一個のテーマなんだ!!

 

Webとリアル営業の違い

 

個人的な見解なのですが、

 

僕はリアル営業では、ゴリ押しや、しつこい営業は禁止だと信じています。

 

営業っていうのは、人にあうことの繰り返しにあり、売り込むことではない。

 

人にあって、信頼をもらって、自分が必要なときに思い出してもらいたいっていうものなわけです。

 

(営業を学ぶなら絶対この本!)

 

が、これ、ネットは違います。

 

ネットは、真逆でいいと思っています。

 

しつこいくらいに、真っ赤っかな文字で、Call to Action(コール・トゥ・アクション)して良いと思っています。

 

 

  • WebやSNSでは出会うだけで連絡はくれない
  • ネットの情報はちゃんと見られてる
  • セールス文章が迷惑にはならない

 

一個づつ説明をさせてもらうと、

 

まず、対面と違ってネット(WebやSNS)では、自分たちが一体何者で、何を提供できる人なのか明確に伝えないと、

 

完全に忘れられてしまいます、余程の欲求の強さじゃないと、勝手にお問い合わせはしてくれないわけです。

 

で、自分たちの媒体と接触したお客様に、せっかくコンテンツを見てもらってるのに、

 

それで忘れられたら情報発信してる意味がないですよね。

 

人は、情報発信をしてるだけじゃ、コンテンツに触れて、『ああ、勉強になるな』となるだけの人がほとんどです。

 

が、これがCall to Action(コール・トゥ・アクション)がついてると話しは変わってきます。

 

もし、あなたがWebマーケティングをしてる人で、このブログを読んでたとして、

 

以下のようなCTAに触れたらどうでしょうか。

 

OFFブログでは、新規・顧客獲得の為の、お役立ちレポートを今だけ無料でDLいただけるキャンペーンをしています。月間12000PVを広告なしで集客し、安定したリード客を獲得できている秘伝のタレを、是非お読みください。

 

とか

 

Web担当者の方へ、OFFブログでは、新規・顧客獲得の為の、無料コンサルを今だけ無料でご提供しています。月間12000PVを広告なしで集客し、安定したリード客を獲得できている方法を知りたくないですか?是非、お問い合わせください

 

とか。

 

多分、記憶の片隅、嗚呼、このブログの運営社は、Webマーケティングに精通してる人なんだと認知が発生して、お問い合わせをしなくとも、記憶に残るんじゃないですかね?

 

必ず、残る人の方が多いよ。

 

だって、僕が何度もこういう実体験をしているから。

 

お役立ち情報 => お役に立つ => CTA という流れでユーザーと触れると、ユーザーは我々の存在を記憶してくれることが多々あります。

 

だから、CTAはとても大切なんです。

 

見込み客にはコンバージョンされるし、潜在顧客には、名前を覚えてもらえるってことです。

 

ネットでの情報発信はちゃんと誰かに見られています

 

自分のメディアを持つのは、今は、沢山の選択肢があります。

 

沢山の、ユーザーと接触できる方法があります。

 

  • ツイッター
  • Facebook
  • インスタグラム
  • ブログ
  • 他社メディアへ寄稿
  • note.com

 

全部やりましょう。

 

お客さんは、もしかしたら、ツイッターをみて、ブログを見て、noteをみて、またツイッターを見てくれるかもしれない。

 

ブログにしたって、お客さんは、もしかしたら、ブログ記事を読んで、トップページをみて、サイドバーをみて、カテゴリを見て、ホワイトペーパー一覧を見て、セミナー開催予定を見てくれるかもしれない。

 

Webでは、お客さんが触れる情報の全てに、Call to Action(コール・トゥ・アクション)を散りばめて、Webマーケティングを機能させるんです。

 

ブログ記事だけ見て、『お問い合わせしてください』と読んでもスルーされるかもしれないけど、

 

ブログ記事を読んで、トップページをみて、サイドバーをみて、カテゴリを見て、ホワイトペーパー一覧を見た後に、

 

セミナー開催予定を見てくれた時、『超気軽で良いです、お問い合わせしてください』とCall to Action(コール・トゥ・アクション)を見たら、

 

無料セミナー予約してくれる可能性がグッと上がるでしょう。

 

同じような言葉で、同じようなコンテンツを手取り足取り、あの手この手で情報発信して、Call to Action(コール・トゥ・アクション)して良いってことです。

 

(ここら辺の本を読むと、いかに文章で売りこむ大切さがわかると思う)

 

セールス文章は迷惑にはならない

 

最後に、セールス文章が迷惑にはならないということに関してご説明すると、

 

そもそも人は、売り込みをかけられるのは大嫌いなわけですが、

 

特に、対面営業や電話営業が嫌われるのは、セールスをかけられてる上に、時間を奪われるからです。

 

でも、ネットの情報は違います。

 

基本的に、ユーザーはネットの見出しなどに惹かれて、自らコンテンツに触れてきてくれます。

 

さらに、心のどこかで課題を抱えてなければ、そもそも目を惹くタイトルすら目に入りませんから

 

あなたが作るコンテンツは、そういうユーザーの悩みに答えてあげてるわけです。

 

無料で。

 

ユーザーが、コンテンツの中身に触れて、その先を読み進めることを決めるか否かは分かりませんが、

 

仮に『このコンテンツは価値がない』と思われたら一瞬で消えていくだけで、

 

どれだけ宣伝文章が書かれてても、迷惑ではありません。

 

ちょっと考えて欲しいんだけど、突然電話かかってきて、『この商品いいです、こういう悩みを抱えてませんか』と聞かれたら答えるのも面倒くさくて迷惑だが、

 

新しい車を欲しいと思ってる時に、クソ高い車の広告で『この車はすごい、試乗しませんか?』と看板広告を目にしても、迷惑だと思いませんよね。

 

仮に、車なんか乗らない人が、『この車はすごい、試乗しませんか?』と何回も歩く道中で、看板広告を目にしても、気にしもないから迷惑でもないですよね。

 

だから、セールス文章などでは、ところどこに強めのCTAが入ってても、コンテンツ提供者の名前を覚えてもらえるきっかけにしかならず、マイナスがありません。

 

なんらなお問い合わせが来ます。

 

まとめ、CTAの導線は作りまくろう

 

今日の話しは以上です。

 

今日は、結構アバウトな話しをしたので、あまり具体的なことには触れてませんが、お役に立てたでしょうか。

 

今度は、具体的なCTAの参考例などを解説した記事をNoteで書いてみようかなって思ったりします。

 

あ、そういえば、DMMのWEBマーケティングスクールが結構すごいって最近話題です、僕の知り合いでも参加された方に話しを聞いてみたのですが、初心者からでもプロのマーケッターとして最短で独立できるって話しです。たくさん努力は必要だろうとは思うのですが、将来、マーケティングを学びたいと思う人にはとても良いキッカケになりそうだなと思ったので紹介します。気になる方は無料説明会もあるそうなんで行ってみてはどうですか?

 

 

↑↑↑クリックで詳しく読んでみる↑↑↑↑

 

OFFブログでは、新規・顧客獲得の為の、無料ホワイトペーパーを無料でご提供しています。月間12000PVを広告なしで集客し、安定したリード客を獲得できている方法を知りたくないですか?フォームからダウンロードください

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

     

    Webマーケティングが学べるおすすめ関連記事

     

    マーケティングが学べるおすすめ本を紹介します

     

    未経験の方へWEBマーケティングとは何かを完結に教える | モノを売らずに売る魔法

    Pocket
    LinkedIn にシェア

    ご報告

    off.tokyoは法人化しました、Web/Mobile コンサルティングのご相談なら、bid companyへお問い合わせください :)

    ご提供 sponsor
     

    Meee!(ミー)は、ビジネスからプライベート利用まで、個人のスキルを気軽に売り買いできるスキルマーケットです。カテゴリや居住地から、検索することが可能です。

     

    ランゲージエクスチェンジは、ネイティブスピーカーと気軽にマッチングできる言語交換プラットフォームです。あなたの地元に住む外国人を探したり、留学や海外移住の前に、現地のネイティブスピーカーと繋がることもできます!

    宣伝
     

    りょすけトークchは、仕事や私生活をより豊にするYouTubeチャンネルです。文献(本、映画、論文)から役に立つ情報をまとめ、生涯にわたり役に立つ哲学をお届けしています。是非、チャンネル登録してみてね

    • この記事を書いた人

    ryosuke-hujisawa

    -マーケティング・広告
    -

    Copyright© offブログ!! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.