ホーム

銀行口座公開します⭐️ フリーランサーとしてお金を稼ぐ方法・考え方について

2020年7月28日

皆さんこんにちわ、りょすけです。

 

本日は、

 

フリーランサーとしてお金を稼ぐ術

 

を話してみたいと思います。

 

将来のことは分からないが、たった今、僕が考え実践してる方法を教えます。

 

ただ、抽象的な内容が含まれるので、具体的なハウツーとは違う。

 

さらに言えば、これは僕の哲学なので、他の人に同じように実践できるかわからない。

 

でも、考え方のヒントにはなるかもしれないです。

 

(ちなみにこの中でも同じこと言ってるねw)

エンジニア一人社長が組織を拡大させ年収1000万を超える方法について考えてみた

 

ポイント

私は、元々はエンジニア出身のフリーランサーで、今は一生懸命働く時期は90万〜110万ほどは手取りがあります。

 

だから、少しは信頼できると思う。

 

今回は、記事に信憑性を少しでも持たせるために、直近の口座情報を敢えて公開します。

 

 

まあ、大した金額稼いでないけど、

 

そこそこ暮らしていけるくらいは稼げてるので、

 

少しくらいは信頼して欲しい。

 

では、行ってみよう٩( 'ω' )و

 

収入源は、常に分散させなきゃいけない

 

私の昔の話しをします。

 

私は、元々エンジニアとしてコードを書いてて、

 

例えば、一個の案件にフルタイム常駐勤務で入ると毎月70万〜80万の手取りを稼げました。

 

でも、そういう生活を続けてると気がつくのです。

 

りょすけ
このやり方をしてても、あまりフリーランサーとしての旨味がない。

 

何故なら、フリーランサーとしての旨味は、

 

収入を分散させて、尚且つ安定させて、自由も増やせて、仕事の幅も自由自在で、広範囲に渡るノウハウも広げられることにあるからです。

 

なので、一個のクライアントに自分の時間を捧げるのは、

 

フリーランサー的な働き方じゃないし、

 

それなら正社員になった方がいいと思う。

 

でもさ、収入源を分散させたら、普通は売り上げも減るよね?

 

その通りです。

 

お客さんを増やすと、その分、自分がそのお客さんへ捧げることができる時間が減ります。

 

そうすると、その分、売り上げも減りますよね?

 

じゃあ、どうするか?

 

営業を学び、広告を学び、交渉を学び、高単価で短時間労働の案件を獲得する。尚且つ自分のスキルを磨き続ける。

 

 

これがこの記事の答えです。

 

 

もう一回言うけど、

 

高単価で短時間労働しなきゃいけません

 

最初に言った通り、抽象的でしょう。

 

もし、ここまで読んで絶望させてしまったらゴメンm(_ _)m

 

でも、今日はこれを伝えたかった。

 

稼ぎ方は人それぞれあるけど、頭を振り絞って、どうやったら

 

高単価で短時間労働

 

できるか考えてください。

 

お客様は個人でも法人でも構わない。

 

とにかく、フリーランサーとして上手く稼ぐには、高単価で短時間労働して、空いた時間は全部勉強することです。

 

それが一番大事です。

 

それで、

 

寝てる時間以外は全部、自分の時間を増やせる努力をすること。

 

結局、自分の時間を増やせない人は何者にもなれない。

 

全然話しが違うけど、

 

かつてヨーロッパで数多くのクラシック音楽が生まれたのは、

 

彼らの階級が高く、

 

自分の時間を芸術に捧げることが出来たからです。

 

僕がフリーランサーとして具体的に何をしてお金を稼いでいるか

 

これ、気になる方が多いと思います。

 

僕が、どうやって高単価で短時間労働の仕事を得ているか。

 

 

シンプルに箇条書きにしてみた

 

ポイント

・エンジニアとしての実装の案件

・広告を作る、書く

・Webメディアの立ち上げ支援

・SEO, コンテンツマーケティング

・WordPress制作、サイト、LP制作

 

こんな感じです。

 

どれもこれも、経験と知見があれば、高単価で早く終わらせることが可能な領域ですね。

 

ちなみに、仕事を得た後も、交渉は続いていますから、上手く交渉して自分の時間を殺さないでください。

 

そういう細かい意思決定&交渉を繰り返しながら、納品を繰り返して鍛錬を積むのです。

 

ここら辺はもう経験値積まないと分からないけど、ずっとやってればコツ掴めます。

 

(また抽象的で住みません)

 

収入の分散は、起業に繋がる

 

こんなこと言うとアレだけど、今、自分が選択してる方法が正しいのかわかりません。

 

だってさ、僕の場合は、普通にエンジニアとしてフルタイムの案件を70、80、90万くらいで獲得して、副業一個する方が、

 

安定するし、お金もいいし、しかも楽なんだよね。

 

わざわざ、営業、広告、交渉などを学び沢山の収入源を確保したりしなくてもいい。

 

でも、それじゃあ人生を拡大させることができないと今は思ってます。

 

収入を分散させていろいろな場所から稼ぐ能力は、

 

自分が拘束されずに稼げるので、人を雇ったり、チームで戦ったりすることができます。

 

僕は、今はちょっと海外に住みたいとかいう欲求があり、

 

今後生活が不安定になることが予想されるので、

 

チーム作ったり組織にしたり今はしてないけど ...

 

ゆくゆくはそういう風に少しずつ拡大させながら、事業を進めていくつもりです。

 

今の僕に足りないこと

 

ここで、最後に自分の今の欠点なども書いておきたいと思います。

 

これは、今の自分の課題です。

 

一発で巨大な案件を獲得したことがない。

 

ぶっちゃけ、僕はもう10代の終わりからエンジニアとして個人で活動してきたので、

 

例えば会社の大きなお金を運用したことがない。

 

何千万〜何億〜という予算の規模を動かしたことがないのが、僕が真面目に社会人やってこなかった欠点が今出てしまってると思う。

 

そりゃさ、

 

小さくコツコツ稼ぐより、

 

大きな案件ボンボン仕入れて回した方が組織としては強くなると思うよ。

 

レバレッジ も効くし、リスクが大きい分、リターンも大きいし、

 

コネも人脈も強いものになると思う。

 

でも、俺はそれを今持っていません。

 

それが、弱点ですね。

 

以上、

 

ちょっと今日の記事はまじで書き殴った感じになって読みづらかったらゴメン。

Pocket
LinkedIn にシェア



新規webサービスの開発の依頼ならoffテク⭐️

低コストで、Reactなどモダン言語での新規webサービス開発を承ります

-ホーム

Copyright© off , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.