JavaScript

hubot + Slack + coffeescriptでオウム返し

hubot + Slack + coffeescriptでオウム返し

 

環境

  • hubot
  • Slack
  • slackbot
  • CoffeeScript
  • vps
  • sakura
  • forever
  • デーモン

階層

 

# pwd
/scripts

# ls
test.coffee

 

実装

 

 robot.hear /(.*)$/i, (msg) ->
    text = msg.message.text
    msg.send "#{text} "

 

説明

/(.*)$/iで正規表現で送信したメッセージをそのまま受け取ることができる。

 

(msg)に受け取ったメッセージが入っている。

 

msg.message.textでメッセージを受け取ることができる。

 

coffeescriptは変数宣言のvarなどがいらない。

 

msg.send "#{text} "で受け取ったメッセージをそのままオウム返し

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア

React入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

フロントエンド入門者へおすすめ動画&書籍おすすめ!

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

1
2
no image 3
4
5
6
7
8
9
10
no image 11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23

-JavaScript