ホーム

hubot+slackで毎日19時になったら「お疲れ様です」と教えてくれるbotの作り方

CoffeeScriptを勉強する時間ないのでサクッとjsで書くことにします。公式サイトでCoffeeScriptをJSへ自動的に変換してくれます

実装

/scriptの中に.jsファイルを作ってください。下記のスクリプトを実行中に、slackでhubotoに向かってdoと発言すると10秒ごとにaaaと自分に発言してきてくれるようになります。macの場合con+cでnodeの実行を止めるとhubotは自動的に死にます。もし下記のような自動発信プログラムをロボットに永続的に実行させたい場合はデーモン処理などをサーバーで動かしてください。

var cron;
cron = require('cron').CronJob;

module.exports = function(robot) {
  return new cron('0 0 19 * * 1-5', () => {
    return robot.send({
      room: "#general"
    }, "今日も一日お疲れ様です:-) スマホ、お財布、忘れ物はないですか?");
  }, null, true, "America/Vancouver");
};

参考

Hubotで定期タスクを動かす

Pocket
LinkedIn にシェア

  • この記事を書いた人

藤沢瞭介(Ryosuke Hujisawa)

りょすけと申します。18歳からプログラミングをはじめ、今はフロントエンドでReactを書いたり、AIの勉強を頑張っています。off.tokyoでは、ハイテクやガジェット、それからプログラミングに関する情報まで、エンジニアに役立つ情報を日々発信しています!

-ホーム

Copyright© off.tokyo , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.