magazine off

テクノロジー・マガジン OFFです!コラム ✖️ 最新ニュースをほぼ毎日お届けしています。

中国アリババの創業者、生まれは貧乏&失敗だらけ半生、それでも大成功できた理由に感動

中国一の大企業、ジャックマー氏とは?

 

アリババの創業者といえば、ジャックマーさんですよね。

 

アリババは、中国版のアマゾンみたいな会社から始まった会社でして、

 

成長する市場で、政府の支援も受けながら、今世紀めちゃくちゃ成功できた会社です。

 

「スモールビジネスオーナーを助ける」というビジョンのもと、創業から三年くらいは全くの赤字で、

 

全然利益は出てなかったそうです。しかし、そこからどんどん成長して、上場、今や中国最大手のEC事業者となっています。

 

創業当初、ソフトバンクの孫正義CEOが100億円、無条件で投資したという話も逸話として残っていますよね。

 

先見の明があったという話です。

 

今や、ジャックマー氏の資産は、521億ドルにまで膨れ上がり、日本円にして5兆円というアホみたいな金を持っています。

 

でも、そんな彼は生まれは貧乏、育ちも貧乏、たいして賢いわけでもなく、人生の負け組だったんですよね。

 

中国アリババの創業者、生まれは貧乏&失敗だらけ半生、それでも大成功できた理由に感動

 

 

上記に貼り付けた動画では、いかに彼の人生が負けまくってきたかがよく分かります。

 

高校入試に落ち、大学入試に落ち、ハーバード大学に九回落ち、警察官も落とされ、近所のケンタッキーフライドチキンのバイトに落とされたそうです。

 

そして、最終的に行き着いた先が英語の先生という道。普通だったら、そんな人が「成功」するなんて誰も思いませんよね。

 

不屈の闘志と諦めない根性、粘り強さ、そして未来を大きく作ることに長けた能力と、孫正義に出会える運、そういうものが彼を勝者に導いたのかなと思います。

 

ちまちまやってたらダメですね、大きな大きな課題解決を、長い軸でやる方が失敗しないからね。

 

我々は拒否されることに慣れないといけない

 

動画でも言ってますけど、彼自身「今でも僕たちのことを拒否する人はたくさんいる」でも、そいうのに慣れないといけない。

 

失敗するのは当たり前、それも慣れないといけない。

 

そして、失敗したときや、他人に拒絶された時に、他人に文句を言ってるようじゃ、その人はもうだめだ。

 

でも、失敗した理由はなんだったのか足を止めて考える人、そこから何かを改善しようとする人。

 

こういう人はホープだと言ってるんですよね。

 

勉強になった、やる気が出た、また今日も頑張ろう。

コメントを残す